任天堂の家庭用ビデオ・ゲーム機「GameCube」向けゲーム・ソフト「Legend of Zelda: The Wind Waker」の先行予約数が,発売を2週間後に控えて56万件を越えた。任天堂の米国法人Nintendo of Americaが米国時間3月12日に発表した。

 同ゲーム・ソフトの小売販売価格は48.95ドル。同社は,先行予約をした人に対して「Legend of Zelda: Ocarina of Time」と「Legend of Zelda: Ocarina of Time Master Quest」の2つのゲームを収録した限定版ボーナス・ディスクを提供しており,これまででもっとも成功した先行予約プロモーションとなっている。

 「同タイトルは,Electronics Boutiqueにおける先行予約でもっとも期待されるビデオ・ゲームであり,前年の『Grand Theft Auto: Vice City』を上回っている。予約数は,いまだに増加を続けている」(米Electronics Boutique社商品企画部門の副社長Jerry Madaio氏)

 現時点までに,全世界で「Legend of Zelda」シリーズの販売数は3600万を越えている。

◎関連記事
2002年ゲーム市場は「PS2」がトップを堅守,2003年は「Xbox」が「GameCube」を追い抜く見通し
任天堂が「GAMECUBE」を149.95ドルに値下げ
「米国のゲーム愛好家は年内に平均3本のゲーム・タイトルを購入」,と米調査

発表資料へ