PR

 ドイツのSuSE Linuxが米国時間3月11日に,消費者向けLinuxディストリビューションの最新版「SuSE Linux 8.2」を発表した。gccのバージョンは3.3,カーネルは2.4.20。デスクトップ環境は「KDE 3.1」と「GNOME 2.2」を採用する。

 KDE 3.1は,ブラウザでのページのタブ表示が可能。付属のスケジュール・アプリケーション「KOrganizer」は米Microsoftの「Exchange 2000」に対応する。ネットワーク・ホストの遠隔操作を可能にする「Desktop Sharing」機能,設定変更の権利を制限するセキュリティ機能「Kiosk」,ダウンロード管理機能を備える。

 GNOME 2.2には,ホーム・バンキング標準規格HBCIに準拠した会計アプリケーション「GNU Cash」が含まれる。

 SuSE Linux 8.2は,米Sun Microsystemsのオフィス・スイート「StarOffice」のオープン・ソース版「OpenOffice.org 1.0.2」をバンドルする。OpenOffice.org 1.0.2は,ワープロ,スプレッドシート,プレゼンテーション・ツールをはじめ,各種ファイル形式フィルタが含まれる。ISDNカード対応のファクス/電話受信機能により,ファクスや電話のメッセージを電子メールで受け取ることが可能。電話メッセージは音声ファイルとして自動受信する。

 そのほか,ビデオ編集アプリケーション「MainActor」,スキャン・ツール「Kooka」,OCRツール「Kadmos」などが付属する。

 SuSE Linux 8.2は4月14日より発売を開始する。「Personal」版と「Professional」版を用意する。Personal版はCD3枚,マニュアル(ユーザー・ガイド),60日間のインストレーション・サポート込みで39ドル95セント。Professional版はCD5枚,DVD2枚,マニュアル(ユーザー・ガイドとアドミニストレーション・ガイド),90日間のインストレーション・サポート込みで79ドル95セント。

◎関連記事
独SuSE,MS OfficeをLinuxで利用可能にする「SuSE Linux Office Desktop」を発表
独禁法裁判を切り抜けた米マイクロソフトに忍び寄るLinux勢力
「デスクトップPCでMSの牙城を崩す」と報じられたサンの真意
「開発者が評価するLinuxの特徴は安全性と信頼性」,米エバンズ・データの調査
デスクトップOSは今後もWindowsが優勢,しかしユーザーの不満がLinuxやMac OS Xにチャンスを与える
WindowsはLinuxよりも安いとMicrosoftが主張
米サンがオフィス・ソフト「StarOffice 6.0」の無償版を配布開始
米サンが「StarOffice 6.0」の一般販売を5月21日に開始,企業向けは25~50ドル

[発表資料へ]