PR

 米Lindows.comは米国時間3月13日に,ソフトウエア販売システム「Click-N-Buy」を発表した。同社のOS「LindowsOS」を搭載するパソコンのユーザーは,各種ベンダーのソフトウエアをニーズに合わせて構成し,一カ所から購入できる。

 ユーザーは,購入したいアプリケーションを決めたら「1回クリックするだけで」(Lindows.com社),そのアプリケーションをダウンロードし,設定とインストールを完了できる。支払いはクレジット・カードによる決済で自動処理される。

 「多くのコンピュータ・ユーザーは,質の高いLinux対応デスクトップ・ソフトウエアがたくさんあることに気付いていない。そのようなソフトウエアを扱う販売店が無かったためだ」と,Lindows.com社CEOのMichael Robertson氏は指摘する。「Click-N-Buyは,開発者に有償ソフトウエアを販売するためのチャネルを提供し,顧客が希望にあった製品を即座に適切な価格で購入できるようにする」(同氏)

 Click-N-Buyでは,ソフトウエアを個別に購入することも,まとめて購入することも可能。「Click-N-Run Warehouse」に加入したメンバーには,特別価格を用意する。例えば,米Sun Microsystemsのオフィス・スイート「StarOffice」は,非会員の場合75ドルだが,Click-N-Run Warehouse会員には無償で提供する。Click-N-Run Warehouseのメンバー登録料は年間99ドル。

◎関連記事
米リンドウズ・コム,「LindowsOS」の最新バージョン「3.0」をリリース
米リンドウズ・コムが「LindowsOS」を小売り販売へ,リセラー向けプログラムを発表
デスクトップOSは今後もWindowsが優勢,しかしユーザーの不満がLinuxやMac OS Xにチャンスを与える
マイクロソフトがサーバーとOfficeで打ってきた新手の意味
「デスクトップPCでMSの牙城を崩す」と報じられたサンの真意
独禁法裁判を切り抜けた米マイクロソフトに忍び寄るLinux勢力
独SuSE,MS OfficeをLinuxで利用可能にする「SuSE Linux Office Desktop」を発表
独SuSE,消費者向けLinuxディストリビューションの最新版「SuSE Linux 8.2」を発表

[発表資料へ]