米Symantecは,企業向けメール・セキュリティ・ソリューションの新版「AntiVirus for SMTP Gateways 3.1」を米国時間3月24日に発表した。「日増しに増加するウイルスとスパムを電子メール・ゲートウエイで遮断するために複数の検出技術を統合した」(Symantec社)という。

 Symantec社によると,スパマーの手口は悪質化しており,1つの検出技術に依存した対策では不十分だという。AntiVirus for SMTP Gateways 3.1は,ヒューリスティクス・ベースのアンチスパム・エンジンを搭載するほか,スパム・メールを定義したサードパーティによるブラック・リストにも対応する。

 同製品の主な特徴は次の通り。

・ヒューリスティクス・ベースのアンチスパム・エンジン:特定の条件に合致するメールを検出する。IT管理者はエンジンの検出感度を微調整して,誤認率とのバランスをとる。

・複数のブラック・リストに対応:IPアドレスをもとにしたブラック・リストをさまざまなサードパーティが提供している。同製品では複数のブラック・リストに同時に対応することで,遮断能力を高める。

・ホワイト・リストによるカスタマイズ機能:顧客や取引先が,ブラック・リストに含まれるメール・サーバーを使用する場合,ホワイト・リストに「検出除外対象」として設定し,メールの遮断を防ぐ。

・件名フィルタリング機能:キーワードを指定することで,ブラック・リストやヒューリスティクス・エンジンで検出できないメールを遮断する。またワイルドカード検出によって,件名を少しずつ変化させて送信されるスパムにも対応する。

 Symantec AntiVirus for SMTP Gateways 3.1は直ちに利用可能。試用版もSymantec社Webサイトで配布している。

◎関連記事
米トレンド・マイクロ,スパム・メール対策ソフト「Spam Prevention Service」を発表
「スパム対策サービス『SpamGuard』の強化でスパム・メールを40%削減」と米Yahoo!
「電子メール・メッセージのスパムの割合は2003年に全体の45%,2007年には70%を越える」,米Radicati Group 
「2002年にスパムは150%増加した」,米Postiniがスパムに関するデータを発表
「米国の職場ネット・ユーザーの約9割はスパム・メールの法規制を望んでいる」と,英企業 
メール・フィルタリングの使い道---社内情報の漏えいをふせぐ
クリアスウィフトがスパムを遮断するルールを毎日更新するメール・ゲートウエイ
メール・サーバーの次の一手は何だろう

[発表資料へ]