PR

 米Network Associatesは米国時間4月1日に,ネットワーク侵入検知/防止技術の米IntruVert Networksを買収することで,両社が最終合意したことを明らかにした。買収金額は1億ドル。現金で支払われる。

 IntruVert社は,企業や政府機関向けにネットワーク・ベースの侵入検知/防止装置「IntruShield 4000」と「IntruShield 2600」を提供している。同社が特許を持つ署名解析や異変解析,DoS解析技術を用い,ネットワークのトラフィックを数Gバイト単位で分析する。ネットワーク管理者は,個別のネットワーク環境に応じて,侵入検知ポリシーを細かく調整できるという。

 Network Associates社によると,従来の検知システムは,発生した攻撃を検知することに重点を置いている。「企業は,日増しに複雑になるセキュリティの脅威に対抗するために,攻撃自体を防止できるソリューションを積極的に導入することが重要だ」(同社)

 なお米メディア(CNET News.com)が伝えるところによると,IntruVert Networks社の侵入検知/防止装置は,2004年にNetwork Associates社のネットワーク監視装置「Sniffer」に統合される計画だ。

 また同社は最近,スパム・フィルタリング・ソフトを手掛ける米Deersoftを買収するなど,セキュリティ関連の技術や企業を精力的に買収している。

 買収は,関係当局とIntruVert社株主の承認などを得た後,45日以内に完了する見通しである。

◎関連記事
米Network Associatesがアンチスパム技術の米Deersoftを買収
米ネットワーク・アソシエイツ,世界規模ネットワーク向け集中管理ソリューションを出荷開始
米ネットワーク・アソシエーツ,ネットワーク監視ソフトの米Traxessを買収
米NAが中小企業向けネットワーク・パフォーマンス管理システム「Sniffer Investigator」を発表
米McAfee.com,米ネットワーク・アソシエーツの買収提案受け入れを株主に勧告
無線LAN向け通信解析ソフト。ネットワークアソシエイツがPDA版を発表 
経済減速でもセキュリティには投資,世界市場は2005年まで年率23%で成長
「米国ではより厳しいセキュリティ手段の導入を希望する従業員が多い」,米社の調査

[発表資料へ]