PR

 米Sybaseは2003年第1四半期決算の速報を米国時間4月3日に発表した。売上高は1億8000万~1億8500万ドル,一時的な費用を除いた希薄化後の1株当たり利益が16~20セントの範囲になる見込み。アナリストは,同条件の1株当たり利益を23セントと予測していた。

 無形固定資産の償却費用,不労株式報酬やリストラ関連費用を含めたGAAPベースの1株当たり利益は12~16セントになるとみる。

 Sybase社会長,CEO兼社長のJohn Chen氏は,「第1四半期の最後の週は,業績が予測をかなり下回った。先行き不透明感が強まっているため,多数の顧客が購入を先送りしたようだ。また当社の事業が,財務サービスや電気通信事など,景気の落ち込みで大きな痛手を受けた分野に集中していることも災いした」と述べた。

 また同氏は,「国内の業績は芳しくなかったが,欧州や北アジアは堅調だった。今後は,収益性の維持やキャッシュ・フローの創出に力を入れ,コスト構造を積極的に改善していく」とつけ加えた。

 Sybase社は2003年通期の見通しとして,一時的な費用を除いた1株当たり利益が95セント~1ドル5セント,GAAPベースの1株当たり利益が75~85セントの範囲になると予測。また約1億5000万ドルの営業キャッシュ・フローを見込んでいる。

 同社は正式な2003年第1四半期決算を4月17日に報告する予定である。

◎関連記事
米サイベースが2002年Q2決算速報を発表,売上高は見込み以下だが利益は予測通り
米サイベースの2002年Q1決算,顧客の購入先送りと注文減少で減収減益 
米サイベースの2001年Q4決算,減収減益だが「2002年に向けて強力な基盤ができた」
米サイベースの2002年業績予測はEPS10%増,売上高5%増を見込む
米Sybase,「PowerBuilder 9.0」の3月出荷を明らかに 
米サイベースが開発ツール「PowerBuilder 9.0」と企業ポータル・ソフト「Enterprise Portal5.0」のベータ版を発表
米サイベースが米アバントゴー買収を完了,子会社のアイエニウェアと統合
米サイベース,中国大手のシステム・インテグレータとe-business

[発表資料へ]