PR

 米Network Associatesは,2003年第1四半期(2003年1月~3月)の決算を米国時間4月10日,発表した。連結売上高は2億1520万ドルで,前年同期の2億2070万ドルから減収となった。GAAP(会計原則)ベースの純損失は370万ドル(希薄化後の1株当たり損失は2セント)で,前年同期の純利益1580万ドル(希薄化後の1株当たり利益は10セント)から赤字に転落した。

 一時的な費用を除いた場合の純利益は2120万ドル(希薄化後の1株当たり利益は11セント)だった。

 「第1四半期は,一部の事業分野で予期しない問題がいくつか起こった。当社はこれを深刻に受け止め,克服していく。米IntruVertと米Enterceptの買収により,今後も次世代の侵入防止技術の開発を進める方針だ」(Network Associates社CEOのGeorge Samenuk氏)

 また,同社は今後の見通しについても明らかにした。2003年第2四半期の売上高は2億1500万~2億2000万ドルの範囲,一時的な費用を除いた1株当たり利益は9~11セントと予測する。2003年通期の売上高は9億3000万~9億5000万ドル,一時的な費用を除いた1株当たり利益は60~65セントとみている。

◎関連記事
米ネットワーク・アソシエーツの2002年通期決算,売上高が9億4190万ドルで黒字に転換
米ネットワーク・アソシエーツ,2002年Q3の連結決算は増収で黒字に回復
米シマンテックの2002年10月~12月期決算,前年同期比29%増収で増益
経済減速でもセキュリティには投資,世界市場は2005年まで年率23%で成長
米Network Associates,今度は侵入防止技術の米Enterceptを1億2000万ドルで買収
「米国ではより厳しいセキュリティ手段の導入を希望する従業員が多い」,米社の調査
「2002年のセキュリティ・ソフト世界市場は前年比18%増の43億ドル規模に」,米調査

[発表資料へ]