PR

 米Apple Computerは,2003会計年度第2四半期(2003年1月~3月期)の決算を米国時間4月16日,発表した。売上高は14億7500万ドルで,前年同期の15億ドルから1%の減収。純利益は1400万ドル(希薄化後の1株当たり利益は4セント)で,前年同期の純利益4000万ドル(希薄化後の1株当たり利益は11セント)から減益となった。

 粗利率は28.3%で,前年同期の27.4%から改善した。また当期は,海外における売上高が総売上高の47%を占めた。

 同社が2003年1月~3月期に出荷したMacintoshは71万1000台で,前年同期の81万3000台から減少した。

 「12インチと17インチの『PowerBook G4』の人気がたいへん好調で,“ノート・パソコンの1年”として非常にさい先がよい。当期に出荷したMacintoshのうち,ノート・パソコンが占める割合は40%を上まわった。これは,当社で過去最高の数値であるばかりか,業界平均を大きく上回っている」(Apple社CEOのSteve Jobs氏)

 一方,一体型デスクトップ・パソコン「iMac」や教育市場向け「eMac」の販売台数は落ち込んでいる。米メディア(CNETNews.com)によると,2003年1~3月期における両モデルの販売台数は合計25万6000台,前期は29万8000台,前年同期は37万2000台だったという。

 同社CFOのFred Anderson氏は,「在庫期間を4.5週間以下に抑える一方で,目標としていた売上高を達成し,喜ばしく思っている。また,継続的に資産管理を強化したことで,現金残高を45億ドル以上まで増やすことができた」と述べた。同氏は,2003会計年度第3四半期(2003年4月~6月期)の見通しについて,「売上高はほぼ横ばいで,若干の利益が出る見通し」と述べた。

◎関連記事
米アップルの2002年10月~12月期決算,前年同期比7%増収だが赤字を計上
米アップルの2002年7~9月期決算は4500万ドルの赤字,「Mac」出荷台数が前年同期比14%減
米アップルの1月~3月期決算,「iMac」が好調で前年同期比4%増収
米Apple,新Webブラウザ・ベータ版「SafariBeta 2」を公開 
米アップル,「Pantherのプレビュー披露のため」WWDCを6月に延期 
米アップル,17インチiMacに“1GHz”のPowerPCG4プロセサを搭載
大いなる賭に出たアップル,新型iMacに託された使命とは?
「2003年の世界パソコン出荷台数は前年比6.9%増」,米IDCが予測を下方修正 

[発表資料へ]