PR

 米Adobe Systemsは米国時間4月30日に,2003年3月~2003年5月期(2003会計年度第2四半期)の業績見通しを上方修正した。

 同社は,当期の予測を売上高を3億500万~3億2000万ドル,一時的な費用を除いた1株当たりの利益を24~28セントに上方修正した。一時的な費用を除いた1株当たりの利益には,実質的な変化は無いと考えている。

 見通しの上方修正の理由として,新版「Adobe Acrobat」のリリースに対する受注と3月における日本の業績が予測を上回ったことを挙げられている。米国と欧州市場は見込み通りの状況にあるという。

 同社が3月に発表した見込みでは,当期の売上高を3億~3億1500万ドル,一時的な費用を除いた1株当たりの利益を24~27セントの範囲で予測していた。

 なお,2003会計年度第2四半期の決算は,2002年6月12日に報告する予定。

◎関連記事
米Adobeが「Acrobat 6.0」製品ラインの拡張,デスクトップでビジネス・ドキュメント・プロセスを強化
米アドビ,DVDオーサリング・ソフト「Adobe Encore DVD」を発表
米アドビの2002年12月~2003年2月期決算,前年同期比11%増収,9%増益

発表資料へ