米Microsoftの会長兼Chief Software ArchitectのBill Gates氏は,Windowsに携わるハードウエア開発者を対象とした同社主催の「WinHEC 2003」で,米Hewlett-Packard(HP)と共同開発した新型パソコンのプロトタイプを,米国時間5月6日に発表した。

 プロトタイプの開発コード名は「Athens」。「最先端の音声やビデオ,テキスト・メッセージ技術を融合し,通信とコラボレーションのハブとなる進化したパソコン」(Microsoft社)という。

 Gates氏は,「当社とHP社は,前例のない緊密な相助関係によって,未来のパソコンを開発した。Athensは,ハードウエア会社とソフトウエア会社が徹底した協業を行うことによって実現する,革新的な製品のほんの一例に過ぎない」と説明した。

 またHP社の会長兼CEOのCarly Fiorina氏は,「当社とMicrosoft社は,『Tablet PC』や『Media Center PC』でも示したように,ハードウエア,ソフトウエア,製品設計のコラボレーションを新たな水準まで引き上げた。企業ユーザーはAthensによって,全く新しい ,シームレスで自然な通信とコラボレーションを体験できる」と述べた。

 Athensの主な特徴は以下の通り。

・無線ハンドセットとヘッドセットを利用できるテレフォニ機能を搭載。ユーザーは1つのデバイスから通信とコラボレーションを集中的に行える

・縦横比が16:10の高解像度のフラット・パネル・ディスプレイによって,可読性と操作性を向上

・一貫性のある,直感的でシームレスなシステム操作を提供

 またGates氏は同日の基調講演で,HP社と共同開発したコンセプト「Dynamic Data Center(DDC)」を披露した。これは,HP社や業界標準のサーバー,ストレージ機器,ネットワーキング機器を,規定のネットワーク・アーキテクチャに基づいて接続するというもの。

 Microsoft社のソフトウエアがDDCリソースを集中管理し、これにより「分散型アプリケーションの自動運用や,アプリケーションが必要とする関連サーバー,ストレージ機器,ネットワーキング機器のリソース割り当てを,業務負荷に応じて柔軟かつ動的に行える」(同社)

 なお,DDCはデータ・センター管理の簡易化と自動化を目指すMicrosoft社の取り組み「Dynamic Systems Initiative(DSI)」の一環となる。

 「DDCを支えるソフトウエア・アーキテクチャは,ITの作業を大幅に簡易化し,ユーザーが業界標準の大容量ハードウエアを効率的に利用できるようにする革新的な技術。作業負荷の大きな業務には,必要なリソースが即座に割り当てられ,小さな業務は必要なリソースしか消費しない。今後もHP社など業界大手と協力して,DSIを積極的に推進していく」(Microsoft社 Platforms Division担当副社長のJim Allchin氏)

◎関連記事
MSとHPが今週のWinHECで次世代パソコンAthensをお披露目
米HP,64ビット版Windows XPに対応するItanium 2ベースのワークステーションを発表
米Microsoftが64ビット版「SQL Server 2000 Enterprise Edition」を発表
グラフィックス機能を大幅に強化した次期デスクトップOS「Longhorn」を初披露
米Microsoftが「Windows CE .NET 4.2」のメーカー向けリリースを発表。評価キット提供を開始
米Microsoftと米EMC,Windowsベースのストレージに関して提携拡大
Microsoft社の自律型コンピューティング戦略(1)
Microsoftの自律型コンピューティング戦略(3)

[発表資料(1)へ]
[発表資料(2)へ]