PR

 米IBMと米i2 Technologiesは,IBM社のソフトウエア「WebSphere Business Integration」とi2社のサプライ・チェーン向けソリューションを組み合わせたサービスについて両社の戦略的提携を拡大すると,米国時間5月9日発表した。両社がすでに結んでいる4年契約の戦略的提携関係を強化するもので,「サプライ・チェーン全般で取引処理の高速化を図る」(両社)とする。

 これにより両社の顧客は,IBM社のハードウエア/ソフトウエアとi2社のソリューションを組み合わせた環境を試験する際に,IBM International Competency Centers for i2と呼ばれる施設を利用できる。この施設は,テキサス州ダラスにあるi2社の本社内とインドのバンガロールにあるi2 Solutions Centerに設置し,両社が共同運営する。さらにIBM社のBusiness Consulting Servicesが,i2社製ソリューションの導入サポート・サービスを世界各地で提供する

 IBM社ワールドワイドi2社提携担当副社長のJay Ennesser氏は,「企業では,応答性に優れたバリュー・チェーンを実現可能なビジネス・プロセス統合ソリューションを求めている」と述べる。

 「i2社の優れたサプライ・チェーン管理(SCM)ソリューションに当社のオープン標準ベースのビジネス統合ソリューションを組み合わせることで,顧客は業務に変革をもたらし,重要な複数のビジネス・プロセス全体でチャンスを最大化し,顧客の要求と市場状況の変化に素早く対応できる」(同氏)

◎関連記事
米IBMと米i2がホステッド電子調達ソリューション展開で提携
米i2がSRMソリューションの新製品,米IBMと導入支援で提携
米IBMが米造船会社とサプライ・チェーン構築契約,潜水艦建造作業の迅速化に貢献へ
米IBM,ミシガン州立大学と共同でSCM研究センターを開設へ
「企業向けアプリケーション市場は2006年に700億ドル規模」,米AMRの調査
「BPMは次の‘キラー・アプリ’,2002年に急成長の見込み」,と米調査会社
「予測ほど進まないBtoBの普及,しかし今後2年で市場は433%成長」,米ビジネス・スクールの調査
サプライチェーン改革が失敗に終わる理由

[発表資料へ]