PR

 米Yahoo!は,仏Ubi Soft,米Vivendi Universal Gamesと提携することを米国時間5月12日に発表した。これによりユーザーは,同社のゲーム・サイト「Yahoo! Games on Demand」からオンデマンドで両社の人気ゲームを利用できるようになる。

 Ubi Soft社は,敵に気付かれずに極秘情報を盗み出す「Splinter Cell」,テロリストに立ち向かう「Rainbow Six」を現在提供している。5月後半には,アクション・アドベンチャー・ゲーム「Rayman 3 Hoodlum Havoc」も加わる。

 Vivendi Universal Games社からは,3次元リアルタイム戦略ゲーム「Empire Earth」,ロールプレイング・ゲーム「Arcanum」,アクション・ゲーム「SWAT 3」が今四半期の後半に提供される。

 ちなみに,米Nielsen//NetRatingsの調査結果によると,Yahoo! Gamesが4月に提供したオンライン・ゲームのプレー時間は1カ月間に50億分以上あり,オンライン・ゲーム・サイトとしてはもっともトラフィックが多かったという。

◎関連記事
米ヤフーが有料ゲームを開始,ランキング・システムを提供
「オンライン・ゲーム市場は2007年に6億5000万ドル規模に」,米In-Stat/MDRの調査
「成長するオンライン・ゲーム市場,2006年には1億1400万人が利用」,と米調査会社
「従業員の3分の1が職場のパソコンにゲームをインストール」――米ウェブセンスがEIMソフトの導入を推奨
「13~17才はビデオゲーム市場の推進力,低所得家庭と女子にビジネス・チャンスあり」,米調査

発表資料へ