PR

 米Microsoftは米国時間5月13日に,DSL(digital subscriber line)ユーザー向けの「MSN 8」サービス提供で米Verizon Communicationsと提携を結んだことを明らかにした。Verizon社の高速インターネット接続サービス「Verizon Online DSL」に,MSN 8ソフトウエアをバンドルする。

 「Verizon Online DSLの加入者は,追加料を払うことなく,高速接続の利点を生かしたインターネット・サービスを体験できる」(両社)

 Verizon Online DSLの月額利用料は,34ドル95セント。音声通話サービス「Verizon Freedom」(市内通話,近郊市外通話,長距離通話)のいずれか1種類を契約している場合は,29ドル95セントからとなる。既存のVerizon Online DSL加入者は,Verizon社WWWサイトで,MSN 8の無料CDを注文できる。

 Microsoft社CEOのSteve Ballmer氏は,「Verizon Online DSLとMSN 8を組み合わせは,ブロードバンドの普及を促進するだろう」と述べた。

 Verizon Online DSL加入者は,Verizon社の電子メール・サービス「Verizon Online Email Suite」(プライマリ・アカウントに30Mバイトの保存容量,8件のセカンダリ・アカウントに各10Mバイトの保存容量)に加え,「MSN Mail」も利用できる。

 そのほかの主なサービスと機能は以下の通り。

・「MSN Messenger」でやりとりしながら,相手と同じWWWサイトを閲覧できる「Shared Browsing」機能

・電子メール,保存容量10MバイトのWWWサイト,アカウント管理ツール,ゲームや音楽といったサービスやコンテンツを一つにまとめるメンバー専用ポータル「Verizon Central」

・百科事典や辞書などの「MSN Encarta Plus」学習ツールやプロジェクト・プランニング・ツール

・「MSN Money Plus」の財務ツール

・デジタル写真編集の「MSN Photos Plus」機能

・学習機能を持つ迷惑メール防止フィルタ

・子供のインターネット利用を監視するペアレンタル・コントロール

・電子メール・ウイルスの自動検出サービス

◎関連記事
米Gateway,消費者向けパソコンにMSN 8をバンドル
米マイクロソフト,3億ドル規模の「MSN 8」マーケティング・キャンペーンを発表
米マイクロソフトに朗報?「『AOL 8.0』より『MSN 8.0』を好むユーザーは75%」と米調査
米マイクロソフトがインターネット・サービスの新版「MSN 8」を発表,年内に米国とカナダでリリース
米AOLが「AOL 8.0」を正式リリース,Preview版は一週間で150万人以上がダウンロード
米アップルがインターネット・サービスとソフトを統合した「.Mac」を開始,年会費は99ドル95セント
「高速ネット接続の普及で世界の平均オンライン滞在時間が増加」,米ニールセン
「世界のDSL加入者数が約2600万人に急増,南/東南アジアが最も急伸」,英調査

[発表資料へ]