PR

 モバイル・コンピューティングを手がける米Good Technology社は,米Neomar社が保有する知的資産,特許技術,ソフトウエア・コアなどを買収することを米国時間5月14日に発表した。買収により,同社の企業向け無線データ・アクセス技術の強化を狙う。また,Neomar社の技術スタッフを同社に迎えることも発表している。

 Good Technology社は,買収した技術を今後のGoodInfo無線情報システムのバージョンに統合して,モバイル・ユーザーが企業のデータ・ソースをワイヤレスで利用できるようにする。現存のGoodInfoアプリケーションは,Neomar技術を組み込んだ将来のGoodInfoバージョンで完全にサポートされる。

 GoodInfo無線情報システムにより,企業はモバイル・ユーザーに企業データ・ソースへのアクセスを提供可能になる。無線ハンドヘルド機器のユーザーは,SAP,Oracle,Siebel,Manugistics,CognosといったWeb対応の企業アプリケーションや企業などのWebサイトに容易にアクセス可能できるようなる。

◎関連記事
米Dellと米Good Technology,企業向け次世代無線コンピューティングで提携
モバイル・コンピューティングの米Good Technologyがコンサルティング・サービスを提供
カリフォルニア州裁判所,加RIMによる米Good Technologyの業務一時差し止め請求を棄却

発表資料へ