PR

 米Dell Computerは,2004会計年度第1四半期(2003年2~4月期)の決算を米国時間5月15日,発表した。売上高は95億3200万ドルで前年同期の80億6600万ドルから18%増加。純利益は5億9800万ドルで,前年同期の4億5700万ドルから31%の増益となった。1株当たり利益は23セントとなり,前年同期の17セントから35%増加した。

 当期の製品出荷台数は前年同期と比べて29%増加した。「Dell社を除く業界の出荷台数は平均1%減少している」(Dell社)。米国以外の市場で著しい伸びをみせており,日本を含むアジア太平洋地域は40%増加,欧州/中東/アフリカは29%増加した。

 製品カテゴリ別では特にサーバーが好調で,前年同期と比べて出荷台数が40%拡大した。米国に限ってみると,サーバー出荷台数は前年同期比43%増加し,「米国市場全体の約1/3を占めた」(Dell社)

 「顧客は標準ベースの企業向けコンピュータが備える性能と信頼性を認識しつつあり,このようなサーバーやストレージ製品を選ぶ企業が急速に増えている」(Dell社会長兼CEOのMichael S. Dell氏)

 ノート・パソコン「Inspiron」と「Latitude」の合計出荷台数は前年同期比31%増加,デスクトップ・パソコン「Dimension」と「OptiPlex」の合計出荷台数は同28%増加した。

■2003年2~4月期の業績(1株当たり利益以外の単位:100万ドル)

                             2003年      2002年     成長率
                            2~4月期    2~4月期
                            --------    --------    ------
売上高                       $9,532      $8,066       18%
営業利益                       $811        $590       37%
純利益                         $598        $457       31%
1株当たり利益                 $0.23       $0.17       35%

 Dell社は2004会計年度第2四半期(2003年5~7月期)の見通しとして,製品出荷台数が前年同期比約25%増加し,売上高が同15%増の97億ドル以上に達するとみている。1株当たり利益は同26%増の24セントと予測する。

◎関連記事
米Dell,「2004会計年度Q1業績は予測通りの見込み,各国市場で成長率2ケタ台を期待」
米デル,2003会計年度Q4決算,21%増収32%増益
「2003年Q1の世界PC出荷台数は前年同期比5.5%増,米Dellが首位を奪還」,米Gartnerの調査
米IBMの2003年Q1決算は増収増益。サービス部門が好調
米Microsoftの2003会計年度Q3決算,Business Solutions事業が前年同期比96%成長
米Sunの2003年1月~3月期決算,減収ながらも黒字回復
米Intelが2003年Q1決算を発表,売上高は横ばいの67億5000万ドル
米Appleの2003年1月~3月期決算は前年同期比1%の減収,「ノート・パソコンは好調」

[発表資料へ]