英Vodafone Groupは現地時間5月27日,2003年3月31日締めの2002年度営業成績を発表した。同社は,同年98億1900万ポンドの損失を発表した。前年の161億5500万ポンドからは軽減された。

 日本における好調な事業成績を反映して,データ通信の売上高は7%増の36億2200万ドルに達した。全体の売上高は,前年から33%増の303億7500万ポンドだった。

 償却前営業利益(EBITDA)は26%増の126億7900万ポンド,移動体事業部門のEBITDAは38.4%改善した。希薄後の1株当たりの損失は,23.77ペンスから14.41ペンスとなった。加入者数は11%増加して,全世界で約1億19700万人に達している。

 損失には,技術ブームが最高潮だった頃に高値で買収した移動体通信事業者の営業権の減価償却が以前として影響を与えている。

◎関連記事
英ボーダフォン,2002年10~12月期は加入者数とサービス売上が順調に増加
独SAP,米HP,英ボーダフォン,企業向けモバイル・ソリューション提供で協力
英ボーダフォンが,ギリシアとオランダで子会社株を買い増し
英ボーダフォン,米デル/米HP/米IBM/東芝などと提携し企業向けモバイル接続サービスを提供

発表資料へ