PR

 英Sophosが米国時間5月30日に,2003年5月におけるコンピュータ・ウイルスの被害状況に関する調査結果を発表した。それによると,5月のワースト1は,米Microsoftの技術サポートを装う「Palyh」だった。

■2003年4月の被害ワースト10
順位      名称          通称など       全体に
                                     対する割合
1.     W32/Palyh-A      (Palyh)       19.9%
2.     W32/Fizzer-A     (Fizzer)       9.8%
3.     W32/Klez-H       (Klez)         7.1%
4.     W32/Lovgate-E    (Lovgate)      4.2%
5.     W32/Sobig-A      (Sobig)        3.1%
6.     W32/ElKern-C     (ElKern)       2.4%
7.     W32/Bugbear-A    (Bugbear)      1.9%
8.     W32/Yaha-P        (Yaha)        1.6%
9.     W32/Nimda-D      (Nimda)        1.4%
10.    W32/Opaserv-G    (Opaserv)      1.1%

その他                                47.5%

出典:Sophos社

 ワースト2の「Fizzer」は電子メールやファイル交換サービス「KaZaA」のネットワークを踏み台にして感染を広げる。PalyhとFizzerは今月初めてランクインした。

 「PalyhとFizzerの急速な被害拡大は,電子メールの出入り口でのウイルス防止対策がまだ不十分であることを物語っている」(Sophos社上級セキュリティ・アナリストのChris Belthoff氏)

 なおSophos社は,2003年5月に新種のウイルス/ワーム/トロイの木馬を611種類検出した。現在,同社製品が防御できるウイルスは8万2048種という。

 また同社は,2003年5月における偽情報のワースト10も発表した。

■2003年4月の偽情報ワースト10

順位      名称                       全体に
                                   対する割合
1.     Nokia giveaway                11.7%
2.     JDBGMGR                       11.6%
3.     Meninas da Playboy            11.4%
4.     Hotmail hoax                   8.5%
5.     WTC Survivor                   6.3%
6.     Budweiser frogs screensaver    5.5%
7.     Bonsai kitten                  4.1%
8.     A virtual card for you         4.0%
9.     Frog in blender/Fish in bowl   3.0%
10.    Applebees Gift Certificate     2.3%

その他                               31.5%

出典:Sophos社

◎関連記事
「2003年4月のウイルス・ワースト1は『Klez』で15カ月連続のランクイン」,英Sophosの調査
米Microsoftのサポートを装う「Sobig」ワーム,米アンチウイルス・ベンダーが警告
新種ウイルス「Fizzer」をIPAが警告,ただし基本的なウイルス対策で防げる
「まだまだ続く『Klez』ウイルスの被害,1月の検出件数でワースト1」――米調査
IPAが2002年のウイルス届け出を集計,Klezが1万件弱で史上最悪
ウイルス作者と対策ソフトのいたちごっこは終わらない
「メール本文を開くだけで感染するウイルスに注意」――IPA
「ウイルスに狙われるファイル共有サービス,設定を見直せ」――IPAが警告