米EarthLink社は,ポップアップ広告の表示を防止する「Pop-Up Blocker」ソフトウエアの最新版を米国時間6月4日に発表した。新版は,インターネット上で増加するリッチ・メディアの広告を防止する機能を追加している。Pop-Up Blockerは,EarthLink社のサービス加入者向けのオプション機能として同社WWWサイトから無償で入手できる。

 リッチ・メディア広告は,ポップアップ,または,オーディオ付きのアニメーション・マンガとして作成されており,Webページ上に現れて動く。同社は,多くの専門家と同じように,この手の新しい「スクリーン泥棒」的な広告が,2003年末までにオンライン広告のおよそ半分に達すると考えている。

 同社は,加入者向けに最初の「Pop-Up Blocker」を2002年8月に提供した。5月末には,スパムを遮断する「spamBlocker」を発表して,大手ISPとしてはじめてジャンク・メールを100%排除する許可ベースのスパム・フィルタリング・ツールを提供している。

 Pop-Up Blockerは,アニメーション広告を遮断するとともに,加入者にポップアップ遮断において2つの遮断レベルを提供する。「完全」を選択すると,すべてのポップアップを停止する。新しい「通常」オプションでは,自動にポップアップされる広告は遮断されるが,オンライン・バンクなど基本的なサービスの一部としてポップアップ・ウインドウを用いているWWWサイトなどでは,ポップアップ・ウインドウの表示を許可することができる。

◎関連記事
米AOL,ポップアップ広告をワンクリックで遮断する新機能を「AOL 8.0」ユーザーに提供
米アースリンク,ポップアップ広告表示を防止する「Pop-Up Blocker」を発表
あちこちで目につくポップアップ広告だが,オンライン広告で占める割合はたったの2%

発表資料へ