PR

 米Intelは米国時間6月5日,2003年第2四半期業績見通しの中間修正を発表した。売上高は66億~68億ドルの見込み。これまで64億~70億ドルとしていた予測範囲を絞り込んだかたちで,中間値は変わらない。

 Intel Architecture事業の業績は,通常の季節的パターンの中でも上限寄りとなる見通し。しかし,通信製品の需要は依然として軟調だという。

 その他については,これまでの予測通りである。

 同社が2003年第1四半期決算報告時に発表した第2四半期と通期の主な予測は以下の通り。

・第2四半期の売上高は64億ドル~70億ドルの範囲
・第2四半期の粗利率は50%(プラス/マイナス2ポイント)
・2003年通期の粗利率は51%(プラス/マイナス2ポイント)
・第2四半期の費用(研究開発費とマーケティングおよび一般管理費)は20億ドル~21億ドルの範囲
・2003年通期の研究開発費は約40億ドル
・2003年通期の設備投資費用は35億ドル~39億ドルの範囲
・第2四半期における株式投資/利息などによる損益は,損失2000万ドル

 ちなみに第1四半期の決算は,売上高が67億5000万ドルで,前期比6%減,前年同期比では横ばい。純利益は9億1500万ドルで,前期比13%減,前年同期比2%減だった。

 なお同社は,正式な第2四半期決算を7月15日に発表する予定である。

◎関連記事
米Intelが2003年Q1決算を発表,売上高は横ばいの67億5000万ドル
米インテルの2002年Q4決算,売上高72億ドルで予測を上まわる好業績
米インテルが2002年Q3決算を発表,売上高65億ドルで下方修正の範囲内
米Transmetaが2003年Q1決算を発表。売上高/赤字幅とも前期から横ばい
米AMDの2003年Q1決算,「季節的に低迷する四半期だが前期比4%増収」
英ARM,蘭Philips,米Mentorなどが半導体設計資産の業界標準策定団体「SPIRIT」を結成
2003年4月の世界半導体市場は前月から横ばい,SARSなどの影響で復調にブレーキ
「2007年の半導体IP市場は,現在の2倍以上の約15億ドル規模」,米In-Stat/MDRの調査

[発表資料へ]