PR

 ドイツに本拠を置くLycos Europeと米Googleが,欧州全域を対象とする広告提供サービスに関して提携した。両社がそれぞれ現地時間6月5日に明らかにしたもの。これによりGoogle社は,Lycos Europe社の運営するWebサイト作成サービス「Lycos Tripod」のメンバー・ページに対し,各Webページの内容に合った広告(ターゲット付き広告)を提供する。

 このサービスは,英国とドイツで直ちに開始し、その後フランスで7月に,イタリア,オランダ,スペイン,スウェーデンで8月に始める予定。

 Lycos Tripodのメンバー・ページはさまざまなテーマを扱っており,ページ・ビュー数は毎月4億5000万~5億に達するという。両社の提携により,メンバー・ページが表示されると,Google社のターゲット付き広告サービスがそのページの内容を確認し,関連性の高いテキスト・ベース広告をページの右端に掲載することになる。「Google社の広告主は,Lycos Tripodメンバーの作った400万ページに広告を表示できる可能性を手にする。Lycos Europe社にとっては,Webサイト・コミュニティから収入を得られる」(両社)

 「当社がターゲット付き広告について欧州全域を対象とする戦略的提携を結ぶのは,Lycos Europe社が初めてのケース。同社と協力することで,成長著しい当社の欧州広告主の露出度を,大幅に高められる」(Google社ワールドワイド・セールス&フィールド・オペレーション担当上級副社長のOmid Kordestani氏)

◎関連記事
米Googleが米Applied Semanticsを買収,検索と広告技術を強化
米Google,米Amazon.comに検索技術と広告付きリンク・サービスを提供
米グーグル,関連性の高い広告を提携サイトにも表示する新たな広告サービスを発表
オーバーチュア,検索サービスと組み合わせられる広告表示サービスを開始
「2002年Q3はリッチ・メディア・オンライン広告がQ1より34%増加」,米ダブルクリック
「2002年のオンライン広告支出は成長せず,しかし2003年は前年比10%増で回復へ」,と米調査
「効果的な広告スペースなら少々高額でもOK」とオンライン広告主の64%
「オンライン広告への期待は高い,ただし効果の測定基準が必要」,と米調査

[発表資料へ]