PR

 米Novellは米国時間6月24日に,ファイル,プリント,メッセージング,ディレクトリ,管理サービスをLinux上で実装するためのスイート製品「Nterprise Linux Services」を発表した。

 Nterprise Linux Servicesは,米Red Hatの「Red Hat Enterprise Linux」とドイツSuSEの「SuSE Linux Enterprise Server」に対応する。

 Nterprise Linux Services 1.0は,認証サービスのための「eDirectory」や「DirXML」,ファイル・サービスのための「iFolder」,プリント・サービスのための「iPrint」,メッセージング・サービスのための「NetMail」,管理サービスのための「ZENworks for Servers」,生産性向上のための「exteNd Director Standard Edition」などから成る。また,Nterprise Linux Servicesが提供するすべてのサービスをブラウザ・ベースで一元的に管理するための「iManager」も含まれる。

 Nterprise Linux Services 1.0のベータ版は7月に利用可能にする。製品版のリリースは年内を予定している。技術サポート,トレーニング,コンサルティング・サービスもあわせて提供する。

 またNovell社は,米Dell Computer,米Hewlett-Packard(HP),米IBMとの提携も明らかにした。これら3社は,顧客にNterprise Linux Servicesを販売する。

◎関連記事
米Sunと米Red Hat,企業向けLinux推進で世界規模の提携
米Sun Microsystemsが新製品,パートナーシップを通じてLinux,オープンソースに付加価値を与える
独SuSE,Opteron対応の企業向けLinux「SuSE Linux Enterprise Server 8 for AMD64」を発表
“節操のなさ”ゆえに愛されるLinux
米オラクル,Linuxソフト・ベンダー支援プログラムを発表
米レッドハット,企業向けアプリケーション・ファミリ製品を発表
米レッドハットが企業向けLinuxを拡充,「Red Hat Enterprise Linux ES」と「同WS」を発表
米SCO,「UNIXの権利を米Novellから買収したことを裏付ける契約書」の存在を発表

[発表資料へ]