PR

 米Motorolaは,中国China United Telecommunications(China Unicom)のCDMA2000 1xネットワーク拡張でインフラ供給契約を獲得した。Motorola社のGlobal Telecom Solutions Sector(GTSS)が中国で現地時間7月2日に明らかにしたもの。契約規模は8000万ドル以上という。

 これによりChina Unicom社は,江蘇省の6都市(南京,宿州,無錫,常州,南通,鎮江)で,高度なモバイル通信サービスを提供できるようになる。

 Motorola社は,「SC4812」や「SC300」基地局を提供するほか,ネットワーク最適化サービスやトレーニングも実施する。拡張作業は2003年後半に完了する予定。作業完了後,同ネットワークで対応可能なユーザー数は現在の2倍にあたる最大220万人となる見込みだ。

 Motorola社のCDMA2000 1xアーキテクチャは,パケット・ベースのネットワーク機器を用いて,既存の第2/第2.5世代ネットワーク上に構築する。同社は戦略的提携を結んでいる米Cisco Systemsのアクセス・ノードなどを導入することで,China Unicom社の無線接続ネットワークをIPに対応させる。

 なおMotorola社は世界各地の無線通信事業者と契約を結び,これまで3万台以上のCDMA2000 1x対応基地局を出荷したという。China Unicom社とのCDMA2000 1xネットワーク拡張契約は全体で15件目,アジア太平洋地域内では7件目にあたる。

◎関連記事
中国CMCCと米モトローラ,中国における3G携帯電話サービスの研究開発で協力
「中国China UnicomのCDMA加入者数が1000万人に」,米QUALCOMMが祝意を表明
米QUALCOMM,中国ベンチャーに最大1億ドルの戦略的投資
Nokiaが中国の合弁会社4社を合併,CDMA対応機器の製造開始へ
中国Datang,蘭フィリップス,韓国サムスン,3G携帯電話向け技術の開発で合弁会社を設立
世界のCDMA加入者は1億4700万人に増加,CDMA2000ユーザーは3300万人に到達
「2002年末時点のGSM加入者数は7億8700万人,2003年末ごろには10億人超に」,GSM Associationの調査
「3Gの展開は予想よりも速く進む」,世界の携帯電話向けインフラに関して米調査会社が発表

[発表資料へ]