米Trend Micro社は,米Apptix社がホスティング・ソリューションのウイルス対策に同社の「ScanMail for Microsoft Exchange」を採用したことを米国時間7月14日に発表した。Apptix社は,ネットを介したオンデマンド・アプリケーション向けソフトとホスティングを提供する。同社は,Microsoft Gold Certified Partnerであり,Microsoft Exchangeによる電子メール・ソリューションを提供している。

 「Apptix社の推奨アンチウイルス対策サプライヤとして,徹底した試験とテスティングを経て選ばれたことを喜ばしく思う。Apptix社は,Trend Micro ScanMail for Microsoft Exchangeを利用して,インターネット電子メールを介して広がるイルスと悪意を持つプログラムからの顧客の保護に成功している」(Trend Micro社北米販売チャネル管理の上級副社長のLane Bess氏)

 「Apptixは,シームレスにTrend Microの強力なアンチウイルス・ツールをExchangeに統合して,顧客であるサービス・プロバイダとともにそのエンドユーザーにもウイルスと悪質なプログラムへの対策を提供している。徹底的なテスティングを経て,セキュリティ・パフォーマンス,スケーラビリティ,ミッション・クリティカルで大規模なアプリケーションにおける信頼性に優れるため,Trend Micro製品を選択した」(Apptix社CEOのAlex Hawkinson氏)

◎関連記事
米Microsoft,ウイルス情報の提供でTrend Micro,米Network Associatesと協力
トレンドマイクロ,Web経由のウイルスを検出するゲートウエイ製品の新版を発表
Exchange新版は8月出荷,スパム排除や転送制限などを強化

発表資料へ