PR

 米IBMは米国時間7月15日,これまで提携関係にあったWWWコンテンツ管理ソフトウエアを手掛けるオーストラリアのPresence Online(通称はAptrix)の株式を買い取り,買収を完了した。IBM社が同日明らかにしたもの。買収金額などの詳細については明らかにしていない。

 IBM社は,Aptrixの技術を基盤とした「Lotus Workplace Content Development」を提供していく。Lotus Workplace Content Developmentは,ビジネス情報などのWWWコンテンツを管理するソフトウエア。企業は同ソフトを利用して,社内イントラネット,エクストラネット,インターネット環境のWWWベース・コンテンツを,迅速かつ容易に作成,発行,管理し,管理コストを削減できるようになるという。

 IBM社によると,ポータル,コラボレーション,WWWコンテンツの3つの技術を単一のプラットフォームで利用できる,柔軟な統合ソリューションに対する需要が日々高まっているという。

 「当社のLotus Workplaceユーザーは,AptrixのWWWコンテンツ管理技術によって,ビジネス・コンテンツから最大の価値を引き出せるようになる。また,オンデマンド・コンピューティングへの移行に合わせて,コラボレーション・インフラを自由にカスタマイズできる」(IBM社SoftwareグループLotus Software部門担当ジェネラル・マネージャのAmbuj Goyal氏)

 Aptrixの事業と社員は,IBM社SoftwareグループLotus事業内に移管される。なおIBM社は,Lotus Workplace Content Developmentを直ちに出荷する予定という。

◎関連記事
米IBMが企業向け情報管理ソフトを発表,「あらゆる形式の情報を統合管理」
日本IBM,文書管理ソフトの新版を投入
米マイクロソフトが「Content Management Server 2002」のベータ版をリリース
米マイクロソフトがWWWコンテンツ管理の加NCompassを買収
米Stellentのコンテンツ管理ソフトがOracle9iASをサポート
米RSAと米Documentum,製品の相互運用性の認定で関係企業間の安全なコンテンツ・コラボレーションを可能に
「ドキュメント/コンテンツ管理市場,2002年末から再び高度成長に」と米IDC
企業情報ポータル向けソフト市場は2003年に19億ドル規模,2000年の4倍に

[発表資料へ]