PR

 EMS(電子機器の委託製造サービス)大手の米Sanmina-SCI社は,米Newisys社を買収することで合意した。Sanmina-SCI社が米国時間7月17日に発表した。契約内容の詳細は明らかにされていないが,両社は大筋で合意に達している。買収は数日後に終了する予定。

 Newisys社は,IBM出身者が創設した新興サーバー企業。世界の技術企業向けのエンタプライズ級サーバーの提供と開発を手がける。買収により,Newisys社はSanmina-SCI社の子会社となる。Sanmina-SCI社は,Newisys社の知的財産を獲得するとともに,同社の技術者を迎える。

 同社の技術を統合することにより,Sanmina-SCI社は,企業コンピューティングとストレージ市場のOEMに最先端の製品と開発ロードマップの提供が可能になる。これにより,顧客は新製品の量産までの時間の短縮と開発に関わるコストが削減できるという。また,Sanmina-SCI社は,受注生産,注文仕様生産によるサーバー・プラットフォーム設計をOEMに提供できるようになる。

 Newisys社は,AMDのOpteronプロセサを採用したサーバーを提供する。顧客にサーバーを販売するとともに,設計を製造業者にライセンス供与し,各メーカーのブランドで製造してもらうことを計画していた。製品テストでは,大手企業から評価を得ていたが,新興企業としてハードウエア業界への参入で苦戦していた。同社は,先ごろ数名の幹部社員を解雇していた。

◎関連記事
富士通米子会社と米サンミナSCI,指紋センサー応用製品の開発/販売で提携
AMD,64ビット・プロセッサAthlon 64を9月に出荷
日本AMD,64ビットCPU「Opteron」の第2弾製品群を発表

発表資料へ