PR

 米QUALCOMMは米国時間7月23日に,2003会計年度第3四半期(2003年4月~6月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比20%増の9億2200万ドル。純利益は1億9200万ドル(1株当たり利益は23セント)で,前年同期の純損失1400万ドル(1株当たり損失は2セント)から黒字転換を果たした。

 戦略的投資を行うQUALCOMM Strategic Initiatives(QSI)事業に関連した利益や経費を除いた売上高は,前年同期比24%増の8億9100万ドル。同条件の純利益は前年同期比38%増の2億6700万ドル(1株当たり利益は33セント)となった。

 当期の研究開発費は前年同期より15%多い1億3600万ドルで,そのうち100万ドルはQSIに向けたものだった。

 QUALCOMM社会長兼CEOのIrwin M. Jacobs氏は,「当社の事業は,強力なキャッシュ・フローを生みだす一方で,売上高や利益を継続的に伸ばしている。このため取締役会は,株主への現金配当を40%増やすことを承認した」と述べた。「当期は,CPUを2個搭載するLSI『MSM7xxx』ファミリなど,新しいマルチモード・チップをいくつか発表して製品ラインを増強した」(同氏)

 また同氏によると,中国とインドの両市場が勢いを増しているほか,米大陸,日本,韓国におけるCDMA事業が活発だという。また,日本と欧州では今後,W-CDMAの導入が始まることから,来年の無線市場においてもCDMAが大きなシェアを獲得できるとみる。

 QUALCOMM社は今後の業績について,次のような予測を立てている。

・2003会計年度第4四半期(2003年7月~9月期)の売上高は前年同期比約2~6%増,1株当たり利益は19セント~21セントの範囲。

・2003会計年度通期の売上高は前年比30~31%増,1株当たり利益は前年比91%~95%増の84セント~86セントの範囲。

◎関連記事
米クアルコム,02年10月~12月期と03年1月~3月期のMSMチップ出荷個数を上方修正
米クアルコム,2002年7月~9月期と通期の決算を発表,2桁増収で黒字に転換
米クアルコムの2002年4月~6月期決算は増収増益,「好調な3GCDMA需要の影響」
米クアルコムが2002年4月~6月期の業績予測を上方修正,「CDMAの需要が高まっている」 
CDMA 2000が無線インターネット市場の成長をけん引,無線ネット加入者数は2006年までに約4倍増
米クアルコム,中国のBREW開発者コミュニティ育成で中国チャイナ・ユニコムと合弁会社設立へ
米QUALCOMM,CPUを2つ内蔵する携帯電話機向けLSI製品系列「MSM7xxx」を発表
2004年にもデュアル3G携帯が続々登場か。米クアルコム,対応チップをサンプル出荷 

[発表資料(PDF形式)へ]