PR

 米Microsoftは,2004会計年度(2003年7月~2004年6月)の研究開発費を8%増額し約69億ドルとするほか,従業員数を4000人~5000人増やす計画を,米国時間7月24日に開催するファイナンシャル・アナリスト向け会議で発表する。これに伴い米国内の従業員数を3000人~3500人増員することになる。

 同会議でMicrosoft社は,新製品の紹介や,消費者および企業市場における同社の業績報告などを行う。

 「当社の製品は,以前よりも多くの価値を顧客に提供し,効率よく顧客の要求に応えている。技術革新に向け多くの投資を継続的に行うことで,素晴らしい結果を生み出してきた。当会計年度はこれを推し進め,最新技術とより大きな価値を提供する」(Microsoft社CEOのSteve Ballmer氏)

◎関連記事
米Microsoftの2003年4~6月期決算,増収増益だが利益目標は達成できず
米Sunの2003年4~6月期決算,前年同期比13%減収で利益も減少
独SAPのQ2決算速報,「売上高は8%減だが,市場シェアは拡大した」
米IBMが2003年Q2決算を発表,サービス部門が好調で増収増益
米PeopleSoftのQ2決算速報,「米Oracleの買収計画にもかかわらず,事前予測を上回る見通し」
出そろったIT企業各社のQ1決算,景気回復はいつ?
「2003年の世界IT支出は前年比約1%増,緩やかな回復基調に入る」,米IDC
「企業のIT支出,今後1年間で平均5.6%増額予定」,米誌の調査

[発表資料へ]