PR

 米eBayは米国時間7月24日に,2003年第2四半期の決算を発表した。売上高は過去最高の5億930万ドルで,前年同期の2億6630万ドルと比べ91%も増加した。GAAPベースの純利益は前年同期比102%増の1億970万ドル(1株当たり利益は33セント)。前年同期は5430万ドル(1株当たり利益は19セント)だった。また,当期におけるプロフォルマ・ベースの純利益は,前年同期比124%増の1億2090万ドル(1株当たり利益は37セント)だった。

 売上高と純利益ともに過去最高を記録し,同社が事前に予測していた売上高5億ドル,1株当たり利益30セント(プロフォルマ・ベースの1株当たり利益は33セント)を上回った。

 営業利益も過去最高の1億5200万ドル。前年同期の7940万ドルから91%成長した。プロフォルマ・ベースの営業利益は前年同期比109%増の1億6870万ドルだった。

 第2四半期のトランザクション収入は,4億9690万ドル。前年同期の2億3530万ドルから111%成長し,過去最高を記録した。米国のトランザクション収入が前年同期比45%増の2億4240万ドル,海外のトランザクション収入が前年同期比146%増の1億5520万ドルだった。そのほか,PayPal事業がトランザクション収入として9940万ドルを創出した。

 第2四半期終了時点の登録ユーザー数は7530万人で,前年同期のユーザー数4970万人から51%増加した。

 またeBay社は,「米国と海外のトランザクション収入と,PayPal事業が好調に推移しているのを受けて」(同社)2003年通期の業績を上方修正した。売上高は従来予測を2500万ドル上回る20億7500万ドル,1株当たり利益は従来予測を5セント上回る1ドル31セントとなる見通し。

 なお同社の取締役会は,8月4日時点の株式数に基づいて,発行済みの株式1株を2株に分割する株式分割を承認した。株式分割は8月28日に実施する予定である。

◎関連記事
米eBayの2003年Q1決算,純利益が前年同期比119%増で過去最高に
米eBay,オークション利用者の保護制度や詐欺防止策などを発表
米eBayの2002年Q4と通年の決算,過去最高の売り上げを記録,2003年の業績予測を上方修正
米イーベイが今後の業績見通しを発表,「2005年には売上高30億ドルを目指す」
米イーベイの2002年Q1決算,売上/利益とも過去最高を記録,Q2の業績予測を上方修正
米イーベイ,オンライン決済システムの米ペイパルを総額15億ドルで買収
英サザビーズと米イーベイがオンライン・オークションで戦略的提携
米Amazon.comが2003年Q2決算を発表,「値引きと送料無料サービスが奏功し前年同期比37%の増収」

[発表資料へ]