PR

 米Gartnerが米国時間7月22日に,2003年6月のIT支出に関する調査結果を発表した。それによると,6月はすべてのカテゴリにおいて,支出が依然として予測に届かなかったという。

 調査は,小~大企業の意思決定者559人を対象にアンケートを実施したもの。6月のIT支出は予算額の90%だった。

 Gartner社は,「回復傾向に歯止めがかかっている。業界をけん引するほど群を抜いて支出が上向いているカテゴリはひとつも見あたらない」と分析する。しかし,その中でもネットワーキングと電気通信は,予算に対する支出の割合が93.19%と好調だ。「電気通信装置は,2年間にわたる売上高減少から立ち直りつつある。電気通信サービスはモバイル利用の増加が追い風となっている。しかし,固定回線ネットワーク・プロバイダは,モバイルへの移行の打撃を受けている」(Gartner社)


■2003年6月のカテゴリ別支出状況

カテゴリ 予算に対する支出の割合(%)
----------------------------------------------------------------------
ハードウエア 88.03
ソフトウエア 84.25
ネットワーキングと電気通信 93.19
ITサービス 80.94
IT業界全 90.08
----------------------------------------------------------------------

出典:Gartner社

 また,米Oracleによる米PeopleSoftの敵対的買収計画や,PeopleSoft社の米J.D. Edwards買収が与えた影響をたずねたところ,81%の回答者は「今後数カ月間のソフトウエア予算を変更するつもりはない」としている。しかし12%は「事態が明確になるまで,関連ソフトウエアの購入を控える」と述べた。

◎関連記事
「2003年の世界IT支出は前年比約1%増,緩やかな回復基調に入る」,米IDC
「企業のIT支出,今後1年間で平均5.6%増額予定」,米誌の調査
「“IT投資を増額または維持”という企業が前年比14ポイント増の80%に」,米誌の調査 
IT支出の引き締めが続く大企業,2003年のIT支出は0.2%減,回復は2004年から
「米連邦政府の通信関連支出,2008年度には173億ドルに」,米INPUTの調査
明暗くっきり,ITサービス業界――市場で勝ち抜く条件を読む
「2004年における企業の最優先課題はコスト削減」,米メタ・グループの調査
2003年のITサービス市場は前年から3.5%成長,企業のIT予算でセキュリティが初めて5%を越える

[発表資料へ]