PR

 米Texas Instruments(TI)は,ファブレス半導体企業の米Radia Communicationsを買収した。TI社が米国時間7月30日に発表したもの。買収金額など詳しい取引条件については明らかにしていない。

 Radia社はカリフォルニア州サニーベールに拠点を置く半導体開発企業。2000年に設立。IEEE802.11無線LAN対応マルチバンド/マルチモード機器用の,半導体,サブシステム,信号処理,ネットワーク技術の開発を手がける。今回発表した買収により,約50人の社員がTI社ブロードバンド通信グループに移籍する。

 TI社とRadia社はこれまでも協力関係にあり,802.11b/gや802.11a/b/g用の参照設計を共同開発している。両社による802.11b/g設計はすでにWi-Fi Allianceの802.11g互換性確認テストに合格し,Wi-Fi CERTIFIEDの認定を受けたという。

 買収について,Radia社社長兼CEOのDavid Fisher氏は「802.11無線技術に関する当社の製品と専門知識に,TI社の802.11用半導体およびソフトウエアを組み合わせることで,強力なパワーを発揮できる」と述べた。

◎関連記事
米TI,IEEE802.11a/b/b+/g対応のLSIを発表
IEEEが802.11gを最終承認,「Wi-Fi Allianceも認定製品を近々発表へ」
「2007年の世界無線LANチップセット市場は17億ドル規模」,米CIRの調査
「好調な2002年の無線LANチップ市場,出荷個数は前年から2倍以上の2000万個」,米調査より
「無線LAN機器の世界市場,2002年の出荷台数は前年比120%増」,米Gartner
「2003年のホットスポット,2001年の約60倍の7万1000カ所へ」,米Gartner
一喜一憂の802.11g
「2007年のUWB用LSIの出荷数は6300万個,現行のLAN技術を置き換える可能性が高い」,米社の調査

[発表資料へ]