記録型DVD製品の普及を促進する業界団体である記録型DVD会議(RDVDC:Recordable DVD Council)は,「RAMコンパチブル」ロゴの制定を現地時間7月31日に発表した。また,今後も記録型DVD製品が互換性を保つために「互換性ワーキンググループ(Compatibility Working Group)」を発足させたことも同日明らかにしている。

 同ロゴは,ビデオ記録方式に準拠した映像を記録・再生または再生が可能なDVD-RAM製品に表示される。ロゴの表示により,消費者が一目でビデオ記録方式に準拠した製品であることが認識できるようになる。

 互換性ワーキング・グループは,RDVDCがサポートする記録型DVD形式(DVD-RAM,DVD-R,DVD-RAW)に準拠する製品間の互換性を確保するとともに新製品の開発を促進する。

 同ワーキング・グループは,新たに参入する企業や新製品開発をサポートして記録型DVDの互換性を確保するために次の3つのサブ・ワーキング・グループを設ける。
・ディスクとデバイスの開発を行なうツールとテスタ
・さまざまなディスクとデバイス間の互換性
・アプリケーション

 2001年4月に発足したRDVDCは,現在94の企業メンバーで構成される(日本:56社,アジア:17社,北米:17社,欧州:4社)。DVDフォーラムが制定した記録型DVD形式に基づく製品の普及と市場拡大を目指す。エーエムシー,日立製作所,日立マクセル,松下電器産業,台湾RiTEK社,韓国Samsung社,東芝,日本ビクターの8社が推進会員を務める。

◎関連記事
「米国の消費者向けDVDレコーダ市場,2003年は前年比3倍の1600万台に」,米Panasonicなど
米Microsoft,「Windowsの将来版で主要な書き込み可能DVDフォーマットすべてに対応」と発表
「2003年DVDレコーダの売上高は10億ドル,2年後にはDVDプレーヤの売上高を抜く」と米調査

発表資料へ