PR

 米Novellが,企業向けのLinux対応デスクトップ/サーバー・ソフトウエアを手がける米Ximianを買収したと,米国時間8月4日に発表した。これによりNovell社は,「製品のLinux対応を拡充するほか,Linux関連オープン・ソース・コミュニティとの関わりを強化する」としている。

 Ximian社は,マサチューセッツ州ボストンに拠点を置くLinux用ソフトウエア開発企業。1999年設立。「Linuxの総所有コスト(TCO)を低減させるための企業顧客向けデスクトップ/管理製品を提供しており,全世界に100万人以上のユーザーがいる」(Novell社)。Novell社は買収代金をすべて現金で支払うが,金額など詳しい取引条件については明らかにしていない。

 Ximian社が手がける主な製品は以下の通り。

・Ximian Red Carpet Enterprise:
 ソフトウエアを更新するためのツールで,主要Linuxディストリビュータが採用しているという。Linuxサーバー/テスクトップ用ソフトウエアを集中管理できる。将来デスクトップ管理ソフトウエア「Novell ZENworks」と統合し,Novell社のディレクトリ・サービスとポリシー管理機能を利用できるようにするという。

・Ximian Desktop 2(XD2):
 Linuxデスクトップ環境。Windows用ファイル・フォーマット,ネットワークなどの各種標準に対応した一連のLinuxアプリケーションが付属する。

・Ximian Evolution:
 電子メール,スケジュール,アドレス帳,作業リスト機能を持つアプリケーション。Microsoft Exchange,Sun ONEなどと互換性がある。また近い将来,クライアント側で「Ximian Connector」拡張を利用することで,「Novell GroupWise」と接続できるようにするという。

 「これら製品は,米Red HatやドイツSuSE Linux AGなどの主なLinuxディストリビューションに対応しているので,WindowsとLinuxが混在する環境でLinuxデスクトップを使用する組織にとって優れた選択肢となる」(Novell社)

 またNovell社はXimian社買収を通じ,Linuxデスクトップ開発プロジェクトのGNOMEと,Linux/UNIX/Windowsなどの環境で動作するMicrosoft .NET用アプリケーション開発ツールを手がけるMonoというオープン・ソース・コミュニティへの協力を強化する。

 Novell社による買収について,Ximian社の共同創設者兼上級副社長のNat Friedman氏は以下のようにコメントする。「この買収により,企業におけるLinux導入の障壁を下げられるし,その過程でNovell社はナンバー・ワンLinuxソリューション企業になる」(同氏)。Friedman氏はNovell社が新設するNovell Ximianサービス事業部の研究/開発担当副社長に就任する。

◎関連記事
米Novell,Linux対応のネットワーク・サービス用スイート「Nterprise Linux Services」を発表
米Sunと独SuSE,企業向けLinuxとJava推進に関して世界規模の提携
米Sunと米Red Hat,企業向けLinux推進で世界規模の提携
米HP,「SuSE Linux Enterprise Server 8」の販売/サポート計画を発表
「“Linux率”倍増を目指す」とIBM事業部長が意気込む
「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より
企業向けLinuxの統一を目指す団体が「UnitedLinux Version 1.0」を発表
技術サポート関連の業界団体がLinuxサポート・コミュニティを発足,米HP,米Dell,独SuSEなどが参加

[発表資料へ]