PR

 米Network Appliance社と米Red Hat社は,Linux向けストレージ・ソリューションの開発でグローバルな戦略的提携関係に入ったことを米国時間8月4日に発表した。提携により両社は,Linux向けのストレージ・プロトコルを共同で開発,提供するとともに,企業向けOS「Red Hat Enterprise Linux」環境においてNetAppストレージの機能を最大限に高めるための顧客サポートで協調する。また,同環境におけるストレージ集約,データ保護,技術的アプリケーションを含む企業向けストレージ・ソリューションのマーケティングも共同で行なう。

 両社は,提携の主な目的の1つとしてデータベースと階層化アプリケーションの領域におけるデータ保護,技術的アプリケーション,ストレージ集約を強調したソリューションを確立を掲げている。企業は,Linuxストレージ・ソリューションを迅速に配備できるとともに,低価格でストレージ機能の拡張が実現可能になるという。

 両社の共同マーケティングは,同年第3四半期に開始される予定。

◎関連記事
米McDATAと米Network ApplianceがSAN/NAS統合製品の相互接続性に関する業務提携を発表
NetApp,ディスク装置を使ったデータ保護ソリューションを強化
米Network Applianceと米Sunが次世代システム・エリア・ネットワーク技術で提携,RDMAファイル・アクセスで,10Gビット/秒のワイヤ速度を目指す

発表資料へ