PR

 米Cingular Wirelessは,米NextWave Telecomが所有する広帯域PCSの周波数免許を14億ドルで買い取る。両社が合意に達したことを,Cingular社が米国時間8月5日に発表した。

 NextWave Telecom社が今回委譲する周波数免許は,ロサンゼルス,シカゴ,サンフランシスコ,ワシントンDCなどの都市部を中心とした34の地域で,広帯域PCSの10MHzブロックを運用するもの。対象となる顧客は約8300万人。

 Cingular Wireless社は,NextWave Telecom社から免許を取得する大半の地域ですでにサービスを提供しているが,「今回の取引により,既存地域の周波数帯域を広げることができる。サービスや製品を拡充し,主要地域におけるサービス提供範囲の拡大などを狙う」(Cingular Wireless社COOのMark Feidler氏)としている。

 NextWave Telecom社は1998年6月に破産更生手続きを行っているため,免許委譲の正式な取引完了には,米連邦破産裁判所と連邦通信委員会(FCC)の承認が必要となる。

◎関連記事
米AT&T Wirelessと米Western Wireless,GSM/GPRSサービスのローミングで提携
米Sprint,米Warner Musicとソニーの米子会社と「PCS Vision」向けコンテンツの配信で契約拡張
米AT&T,米AT&T Wirelessの無線通話サービスを統合して顧客に提供
米Verizon Wireless,米社から米国内50地域の携帯電話ライセンスなどを購入
米Sprintと韓国Samsung,携帯電話機を無線ゲーム端末に変える「PCS Game Pad」を発表
>米パーム,米AT&TワイヤレスのGSM/GPRSサービスに対応した「Tungsten W」を発表
>米T-Mobile USA,米国で携帯電話のビデオ・メッセージング・サービスを開始
>米T-Mobile USAと米Intelが無線ブロードバンドの普及に向けて提携

[発表資料へ]