米Meeting Maker社は,インターネット・ベースのコミュニケーション・ツールの新版「Meeting Point(MP)2.0」を米国時間8月7日に発表した。新版では,デスクトップ・アプリケーションの共有機能を追加している。

 MPは,リアルタイムで即座に利用できるコミュニケーション・ツール。コスト効率良くリモート間における1対1または少数グループの対話を可能にする。ブラウザをベースとしたソリューションであり,予定された音声,ビデオ,Web会議以外にも,24時間体制でコミュニケーションを可能にする。会議を召集することもできる。

 同製品は,高品質なIP音声コンポーネントを強力なドキュメント管理機能に統合しているため,ユビキタス・サービスとして利用することにより,従業員,パートナ,顧客とのコミュニケーションが改善できる。

 新版の主な機能は次の通り。

・デスクトップ/アプリケーション共有
・ドキュメント・ストレージ,ドキュメント共有
・ホワイト・ボード共有
・インスタント・メッセージング
・共有可能なWebアクセス
・マルチポイント・オーディオ
・論理的で容易なナビゲーション
・カスタム・セットアップ

◎関連記事
米Oracle,コラボレーション・ソフトを3種発表
米サン,IMを強化したコラボレーション・プラットフォーム「Sun ONE Collaborative Business Platform」を発表
米Oracle,オンライン会議機能を追加した「Collaboration Suite Release 2」を出荷開始

発表資料へ