PR

 米Dellは,2004会計年度第2四半期(2003年5月~7月期)の決算を米国時間8月14日に発表した。売上高は97億7800万ドルで,前年同期の84億5900万ドルに対し16%増。純利益は6億2100万ドルで,前年同期の純利益5億100万ドルに比べ24%増加した。1株当たり利益は24セント。前年同期の19セントに比べ26%増えた。Dell社では,「過去最高の四半期業績を記録した」としている。

■2003年2~4月期の業績(1株当たり利益以外の単位:100万ドル)
==============================================================
                   2003年        2002年     成長率
                 5月~7月期    5月~7月期
--------------------------------------------------------------
売上高             9,778         8,459        16%
営業利益             840           677        24%
純利益               621           501        24%
1株当たり利益      24セント      19セント     26%
==============================================================
出典:Dell社

 当期の製品出荷台数は前年同期と比べて27%増加した。この値は「当社を除く業界全体の伸び率に比べ4倍以上高い」(同社)。地域別にみると,日本およびアジア太平洋地域の出荷台数は前年同期比46%増,欧州/中東/アフリカ(EMEA)は31%増,米国は23%増であった。

 製品別では,サーバーの出荷台数が前年同期に比べ27%増加し,「競合他社製品の平均値を8ポイント上回った」(同社)という。またストレージ・システムの売上高は前年同期比45%増となり,通期に換算すると15億ドル以上の規模になるとしている。

 「第2四半期の成長により,世界市場における当社の市場シェアは3ポイント近く上昇し,リードをさらに広げた。また全地域とすべての製品カテゴリで,業界の平均を上回る伸びを達成している」(同社)

 同社は今後の業績見通しについても明らかにした。それによると,2004会計年度第3四半期(2003年8月~10月期)に製品出荷台数が前年同期に比べ25%以上増加し,売上高は過去最高の約105億ドル(前年同期比15%増)になると見込む。1株当たり利益は26セント(前年同期比24%増)と予測する。

◎関連記事
米Dellの2003年2~4月期決算は18%増収31%増益,製品出荷台数は29%増加
米Sunの2003年4~6月期決算,前年同期比13%減収で利益も減少
米IBMが2003年Q2決算を発表,サービス部門が好調で増収増益
米Appleの4~6月期決算は大幅な減益,しかしアナリスト予測は上回る
米HPの03年2~4月期決算,純利益は6億5900万ドルで前期から減収,売上高は横ばい
「2003年Q2の世界PC出荷台数は3320万台,4四半期連続のプラス成長」,米IDC
「2003年Q1世界のサーバーでIBMが首位に」,米IBMが米Gartnerの調査結果を引用
「2003年Q1の世界サーバー市場,エントリ・サーバーの人気が依然高い」,米IDCの調査

[発表資料へ]