PR

 米Hewlett-Packard(HP)は米国時間8月19日に,2003会計年度第3四半期(2002年5月~7月期)の決算を発表した。売上高は173億5000ドルで前年同期の165億4000万ドルから5%増加したが,前期からは4%の減少となった。

 一時的な費用を除いた非GAAPベースの営業利益は8億5800万ドルで,前年同期から61%増,前期比25%減だった。同条件の営業利益率は前年同期の3.2%から4.9%へと増加した。前期の6.4%からは低下した。同条件における希薄化後の1株当たり利益は23セント。前年同期は14セント,前期は29セントだった。

 GAAPベースの営業利益は3億1000万ドル。営業利益率は,1.7%となった。前年同期の営業損失15%を大きく上回ったが,前期の3.6%を下回った。同条件の希薄化後の1株当たり利益は10セントだった。

 同社は,10月までに3500人の従業員をリストラすると3月に発表していたが,同社CFOのBob Wayman氏によれば,その数は4800人に増加する可能性がある。同社は,2002年3月のCompaq社との合併以来,1万6000人を越える従業員を解雇している。また,経費削減の一環としてインド,中国,ポーランド,コスタリカ,フィリピンへのアウトソースも増加しているという。

 「常に第3四半期は苦戦を強いられるが,もっと良い業績が達成できたはずである。しかし,戦略と実践には自信を持っている。第4四半期は,すべての事業部門で利益を生むだろう」(同社CEOのCarly Fiorina氏)

■2003年会計年度第3四半期の業績(前年同期との比較)
======================================================================
                                    2003会計年度       2002会計年度
                                     第3四半期          第3四半期
----------------------------------------------------------------------
売上高                            173億5000万ドル    165億4000万ドル
----------------------------------------------------------------------
非GAAPベースの営業利益率              4.9%              3.2%
----------------------------------------------------------------------
GAAPベースの営業利益率                1.7%            -15.0%
----------------------------------------------------------------------
非GAAPベースの希薄化後のEPS          23セント           14セント
----------------------------------------------------------------------
GAAPベースの希薄化後のEPS            10セント          -67セント
======================================================================
出典:HP社

 地域別にみると,米大陸の売上高は前年同期比1%増の82億ドルで,総売上高の47%だった。欧州が同9%増の64億ドルで,全体の37%を占めた。アジア太平洋地域が同8%増の20億ドルで総売上高の11%,日本は同6%減の7億4400万ドルで,全体の4%となった。

 当期の業績を事業別でみた場合,個人向けシステム事業は売上高が前期比3%増の49億7000万ドル。良好なノートの売り上げは54%成長したが,2ケタ台の低下となった消費者向けデスクトップを帳消しにする形となった。当期の営業損失は5600万ドルで,前年同期の損失1億4000万ドルを記録していた。前期の営業利益は2100万ドルだった。この損失は,時期的な理由に加え,単価の引き下げ,予測より高かったフラット・パネルの運送料などにけん引される。

 企業向けシステム事業の売上高は,37億1000万ドルで,ほぼ横ばいとなった。サービス事業の売上高は同5%増の30億8000万ドル。イメージングおよびプリンティング事業の売上高は52億4000万ドルで前年同期から10%増,前期から5%減だった。

 なおHP社は,第4四半期の売上高を8~10%増の188億~191億ドル,一時的な費用を除いた1株当たり利益を34~36セントの範囲で予測している。

◎関連記事
米Overture,米HPとの契約を1年延長,カナダも契約対象国に
米HPの03年2~4月期決算,純利益は6億5900万ドルで前期から減収,売上高は横ばい
米HPが消費者向けデジタル機器で新製品攻勢
米HP,ブレード・サーバー3機種のプロセサをアップグレード,Pentium Mなどを搭載

発表資料へ