PR

 米Intelは2003年第3四半期の業績見通しの中間修正を米国時間8月22日,発表した。69億~75億ドルとしていた売上高予測を,73億~78億ドルに引き上げる。

 通信関連製品に対する需要は依然として軟調だが,Intel Architecture事業がすべての地域とチャネルで予想以上に好調だという。

 粗利率は,従来予測の54%(プラス/マイナス2ポイント)から56%(プラス/マイナス2ポイント)に変更する。それ以外については,これまでの予測通りである。

 ちなみに米メディアの報道(CNET News.com)によると,第3四半期の売り上げ高が76億ドルに達した場合,前年同期と比べて14%,前期と比べて11%の増収となる。

 ちなみに同社の2003年第2四半期決算は,売上高が68億ドル(前期比1%増,前年同期比8%増),純利益は8億9600万ドル(前期比2%減,前年同期比101%増),1株当たり利益は14セント(前期から横ばい,前年同期比100%増)だった。

◎関連記事
米Intelの2003年Q2決算,売上高68億ドルで事前予測の上限
米Intelが2003年Q1決算を発表,売上高は横ばいの67億5000万ドル
米インテルの2002年Q4決算,売上高72億ドルで予測を上まわる好業績
米AMDの2003年Q2決算,前期比10%減収だが赤字額はわずかに縮小
米AMD,米National Semiconductorの情報アプライアンス事業をそっくり買収
米Motorola,2003年Q2の業績予測を下方修正,アジア地域でSARSなどの影響を受ける
米Transmetaが2003年Q2決算を発表,売上高510万ドルでほぼ事前予測通り
米NS,2部門の売却閉鎖と約340人の従業員解雇でさらに経費削減

[発表資料へ]