データベース・ソフトを手がける米FileMakerは,ビジネス・タスクに特化したアドオン製品「FileMaker Applications」シリーズを提供する。同社が米国時間9月3日に発表した。同シリーズ初の2製品として,同社は「FileMaker Recruiter」と「FileMaker Meetings」の出荷を開始した。専門ソフトの発表は,FileMakerの顧客ベースの拡大,顧客によるデータベース製品のアップグレード促進,開発者向けに新しい機会の提供を目的としている。

 両製品の動作には,同社データベース・アプリケーションの現バージョン「FileMaker Pro 6」が必要。Windows XPとMac OS Xに対応。価格はFileMaker Meetingsが49ドル,FileMaker Recruiterが299ドル。まず北米向けに提供を開始する。

 FileMaker Recruiterは,人事部門の社員が求職者の追跡と管理を行なうためのソフト。人材のデータベース構築を支援する。人材リクルータとマネージャは,テンプレートを通じて候補者の名前,連絡先,紹介元などを入力することによって人材データを蓄積できる。同データベースにより,必要な人材を適時に見つけられるようになる。

 FileMaker Meetingsは,企業の効率的な会議の実施を支援する。データベースを用いて会議向けデータの準備,会議に関する情報管理を行なう。テンプレートにより,ユーザーは,議題一覧の作成,会議の管理,メモ取り,議事録の配布といったドキュメントの管理,要処置事項と締め切りの追跡などができる。

 同社は,2製品以外のアドオン・アプリケーションの発表を計画しており,年内にもいくつかの製品を出荷する予定。現在,ワークグループ向けタスク管理ツール,プロジェクト管理,資産追跡,顧客サービスといったビジネス・タスクを支援するアプリケーションの開発を進めている。

 FileMaker Applicationsは,まず北米向けに提供される。同社のWeb Storeを通じて販売される。アプリケーションは,ダウンロードまたはCDにて入手が可能。同シリーズのアプリケーションは,49~299ドルの価格帯で提供される予定。

◎関連記事
米ファイルメーカーと米サービスオブジェクツ,FileMaker Pro 6ユーザー向けに無償Webサービスを提供
米ファイルメーカーがデータベース開発ツール・キットの新版「FileMaker Developer 6」を出荷
米ファイルメーカーがデータベース・ソフトの新版「FileMaker Pro 6」を発表,XMLに対応
XMLデータ・ストレージ技術市場の規模「2005年には41億ドル超に」と米調査会社

発表資料(1)
発表資料(2)
発表資料(3)