PR

 米Intelは米国時間9月4日,2003年第3四半期業績見通しの中間修正を発表した。売上高見通しは76億~78億ドルで,従来予測である73億~78億ドルの下限を引き上げた。

 Intel Architecture事業が,幅広い地域で好調に進んでおり,とりわけ新興市場の需要が高い。一方,通信製品事業は依然として軟調だという。

 粗利率の見通しは56%(プラス/マイナス2ポイント)としていたが,この上限に近い数値となる見込み。

 その他については,これまでの予測通りである。

 ちなみに,同社の2003年第2四半期決算は,売上高が68億ドル(前期比1%増加,前年同期比8%増加)。純利益は8億9600万ドル(前期比2%減少,前年同期比101%増加)で,1株当たり利益は14セント(前期から横這い,前年同期比100%増加)だった。

◎関連記事
米Intelの2003年Q2決算,売上高68億ドルで事前予測の上限
米Intelが2003年Q1決算を発表,売上高は横ばいの67億5000万ドル
米インテルの2002年Q4決算,売上高72億ドルで予測を上まわる好業績
米TIの2003年Q2決算は増収増益,半導体事業の売上は前年同期比9%増
米AMDの2003年Q2決算,前期比10%減収だが赤字額はわずかに縮小 
米Motorolaが2003年Q2決算を発表,1億1900万ドルの黒字
「2003年7月の世界半導体市場は129億ドル規模,5カ月連続で増収」,SIA
2003年6月の世界半導体市場は前月からわずかに成長,Q2は前期比3.2%増収

[発表資料へ]