米IBMが米国時間9月30日,オンデマンド・コンピューティングを実現するサービス「Virtual Server Service」を発表した。顧客は,Windows,AIX,OS/400などのOSを搭載した,ホスティング環境にあるIBM社の「eServer xSeries」「同pSeries」「同iSeries」システムにアクセスし,仮想サーバーを活用できる。

 これらのシステムはIBM社が運用・管理を行い,顧客は初回のセットアップ料金と,使用した処理能力/容量の代金を支払う。そのため,「自社内でのシステム運用と比べて,15~30%のコスト削減を実現できる」(同社)としている。

 また,インターネット接続,キャッシング,ストレージ/バックアップなどのインフラ・サービスや,IBM社の提携パートナである米Inkra Networksの負荷分散技術などを,従量課金制で利用できるという。

 「オンデマンド事業で必要となるのは,重要なアプリケーションやサービスを運用するための,柔軟なサーバー環境だ。複数のプラットフォームを用いた,拡張性の高いサービスを提供することで,顧客のコスト削減と競争力向上を支援する」(IBM社eビジネス・ホスティング・サービス部門ジェネラル・マネージャのJim Corgel氏)

 Virtual Server Serviceでは,顧客はインフラを共有することになるが,それぞれの仮想サーバーは独立している。以下の三つのプラットフォームを用意する。

・IBM Virtual eServer xSeries:Windowsベースのアプリケーションとサービスの運用に向ける

・IBM Virtual eServer iSeries:OS/400対応アプリケーションとサービスの運用に向ける

・IBM Virtual eServer pSeries:AIX対応アプリケーションとサービスの運用に向ける

◎関連記事
米IBM,10年間のオンデマンド技術サービス契約を米Equifaxから獲得
米IBM,オンデマンド・コンピューティング向けの新製品や技術を発表
米IBM,中企業の「オンデマンド・コンピューティング」導入促進に向けた取り組みを発表
米IBM,オンデマンド・コンピューティングに100億ドルを投資へ
米CA,オンデマンド・コンピューティングに向けた,IT資源の管理を行う新技術を発表
米VERITAS,ユーティリティ・コンピューティングを視野に入れた製品ロードマップを発表
米HP,オンデマンドの拡張サービスをプロセサ以外にも拡大
米EMC,オンデマンド・ストレージ管理システム「OpenScale」に自動請求機能を追加

[発表資料へ]