PR

 フランスSchlumberger傘下の米SchlumbergerSemaと米Sun Microsystemsは米国時間10月1日,ユーティリティ・コンピューティングをベースにしたサービス提供に関する提携を発表した。

 SchlumbergerSema社はSun社のユーティリティ・コンピューティング・アーキテクチャを導入し,エネルギ,金融,電気通信,公共機関といった業界の顧客を対象に,アウトソーシング・サービスを提供する。

 これにより,SchlumbergerSema社の顧客は,必要な分だけコンピューティング・リソースを購入できる。料金は,Sun社の価格モデルをベースにする。「顧客は必要に応じてコンピュータ処理能力を増強/縮小し,従量課金制を利用することで,ITリソースのコストを予測し,管理することができる」(SchlumbergerSema社Computing Infrastructure Outsourcing部門バイス・プレジデントのHossein Sazegar氏)

 SchlumbergerSema社はそのほか,「Java Card」技術を用いた認証バッジによる統合セキュリティを提供する。ネットワーク認証サーバーを通じて,個人情報を管理し,ネットワークやアプリケーションへのアクセス,ならびに施設への入場を制限できる。また,コンサルティングやマネージド・サービスもオプションで組み合わせる。

 なお,Sun社はビジネス・プロセス・アウトソーシングの米ACSとも,同様の提携を結んでいる。

◎関連記事
米Sun,米ACSとユーティリティ・ベースのアウトソーシング・サービス提供で提携
米IBM,オンデマンドでサーバー環境を提供するサービス「Virtual Server Services」を発表
「ユーティリティ・コンピューティングに対する顧客の関心は高い」,と米IDC
米VERITAS,ユーティリティ・コンピューティングを視野に入れた製品ロードマップを発表
米HP,CPUの利用量に応じて支払う従量課金制度を「Superdome」サーバーに適用
米IBM,オンデマンド・コンピューティング向けの新製品や技術を発表
米EMC,オンデマンド・ストレージ管理システム「OpenScale」に自動請求機能を追加
「2008年のBPO市場は1460億ドル規模,ベンダーの誇大宣伝に要注意」,米企業の調査

[発表資料へ]