PR

 米IBMと米Siebel Systemsが,オンデマンドで利用可能なCustomer Relationship Management(CRM)サービス「Siebel CRM OnDemand」の開発,マーケティング,販売,導入,提供を共同で行う世界規模の提携を結んだと,米国時間10月1日に発表した。契約期間は4年間とする。

 Siebel CRM OnDemandは,WWWサイト上で利用/設定が可能なCRMサービス。ごく小さなプロジェクトから構築を開始し,ユーザーの状況に合わせて徐々に規模を拡大できる。最終的には,エンタプライズ規模のCRMアプリケーションとしての利用が可能という。さまざまな分析機能を備えており,販売/マーケティング/サービス部門の担当者は,業務上関係のある企業,顧客,事象に対し素早い働きかけが行える。

 同サービスについて,IBM社グローバル・セールス/ディストリビューション担当副社長兼役員のMike Lawrie氏は「Siebel社がオンデマンドに対応することは,IT業界にとってまさに大きな進展だ」と述べる。「Siebel社の優れたCRMと,当社の得意とするインターネット経由の業務プロセス運用を組み合わせることで,顧客にとって頼りがいのあるサービスを提供できる」(同氏)

 Siebel CRM OnDemandは,2003年第4四半期中に利用可能とする。利用料金は1ユーザー当たり月額70ドルとし,30日間の無料試用期間を設ける。詳細については,同サービスのWWWサイトに掲載している。

◎関連記事
米IBM,10年間のオンデマンド技術サービス契約を米Equifaxから獲得
米Sun,米ACSとユーティリティ・ベースのアウトソーシング・サービス提供で提携
米CA,オンデマンド・コンピューティングに向けた,IT資源の管理を行う新技術を発表
米VERITAS,ユーティリティ・コンピューティングを視野に入れた製品ロードマップを発表
「ユーティリティ・コンピューティングに対する顧客の関心は高い」,と米IDC
「CRMを早期に導入した金融サービス企業には,次世代のCRMが必要」と米Gartner
「ROIを実現できないCRMプロジェクトの原因は,企業幹部の不適切な判断」と米Gartner
世界CRMサービス市場,年平均11.3%で成長し,2007年には1010億ドル規模へ

[発表資料へ]