PR

 米AOL Time WarnerのAmerica Online(AOL)と米Googleは,Google社の検索技術を採用したAOLサービス向けオンライン検索サービス「AOL Search」に関して提携を拡大する。両社が米国時間10月7日に明らかにしたもの。

 AOL社AOL Products部門担当執行バイス・プレジデントのDavid Gang氏は,Google社との契約を複数年延長した理由を次のように説明する。「メンバーが必要とする情報に,正確かつ迅速なアクセスを提供するための継続的な取り組みだ。毎月,AOLメンバーの75%以上がAOL Searchを利用しており,Google社の優れた検索機能と有料広告検索サービスは非常に評判がよい」(同氏)

 Google社は英国,フランス,ドイツ,オランダ,ブラジル,メキシコ,アルゼンチン,日本,オーストラリア,カナダのAOLサイトでも検索サービスを提供している。また,日本とカナダでは,検索内容と関連したスポンサー付き広告も用意する。

 提携強化により,Google社は今後もCompuServe,AOL.COM,Netscapeのユーザーに ,有料広告検索サービスを提供する。ちなみに現在,Google社に登録している広告主は15万社以上という。

 またAOL社は同日,AOL Searchの検索機能を強化したことも発表した。Google社の検索結果に独自の付加価値を与え,関連性やタイミングなど,ユーザーが住んでいる地域向けにローカライズした検索結果を提供できるようにした。

 AOL Searchの主な強化点は次の通り。

・検索ツール「Smart Box」
 インターネット・サービスの最新版「AOL 9.0 Optimized」では,ツールバーにある検索フィールドに語句を入力すると,関連性の高いキーワード,Webサイト,企業情報などを表示する。

・閲覧タブ
 検索内容と関連性の高いWebサイト,画像,AOLコミュニティに,タブを使って迅速にアクセスできる。

・地域情報の検索機能
 企業,小売店,サービスなどを検索する場合,あらかじめ登録した郵便番号に基づき,居住地域に関連した検索結果を上位に表示する。

・「Hot Searches」機能
 AOLサービス利用者の間で人気が高い検索トピックをリアルタイムで表示する。複数分野における検索トピックを表示させたり,音楽など,1つの分野に絞って表示させたりできる。

・「Open a Window」機能
 検索結果を表示したページを維持したまま,新しいウインドウでWebサイトを開くOpen a Windowアイコンを提供する。

◎関連記事
米ヤフーに迫る勢いの米グーグル検索サイト,過去2年間でシェアが急増 
米Yahoo!の米Overture買収で得するのは米Google?
米グーグル,関連性の高い広告を提携サイトにも表示する新たな広告サービスを発表
米Google,英国とカナダでニュース・サイトをスタート 
ヤフーが検索エンジンにGoogleを導入。カテゴリ型・全文検索型を同時に実行
米Ask Jeevesが検索エンジンをアップグレード,より効率的な検索を実現する「Smart Search」機能を提供
「検索エンジンを使ったWWWサイト・アクセスが前年と比べ約倍増」,と米調査 
米ヤフー,検索サービス「Yahoo! Search」を一新 

[発表資料へ]