PR

 米Juniper Networksは,2003年9月30日締めの第3四半期決算を米国時間10月9日に発表した。売上高は1億7210万ドルで,前年同期の1億5200万ドルから13%の増収となった。GAAPベースの純利益は720万ドル(1株当たり利益は2セント)だった。前年同期の純損失8830万ドル(1株あたりの損失24セント)から格段に成長した。

 リストラ費用,進行中の研究開発費,買収関連の経費,無形固定資産や繰延報酬の償却費用,投資売却による利益などを除いた非GAAPベースの純利益は1470万ドル(1株当たり利益は4セント)。前年同期における同条件の純損失は840万ドル(1株あたりの損失は2セント)だった。

 2003年に入って9月30日までの9カ月間をみると,総売上高は4億9440万ドルだった。前年の同期間における3億9130万ドルから26%増加している。GAAPベースの純利益は2450万ドル(1株当たり利益は6セント)。前年の同期間には1億2810万ドル(1株当たり損失は37セント)の純損失を計上していた。買収関連の調整費用,リストラ経費,投資売却による利益などを除いた非GAAPベースの純利益は,3130万ドル(1株あたりの利益は8セント)だった。前年同期は,750万ドルの赤字で1株あたりの損失は2セントだった。

 同年第3四半期における現金収入は4290万ドルで,2003年の9カ月間でみると計1億1560万ドルに達する。同9カ月間における現金支出は390万ドルだった。第3四半期における施設投資は460万ドル,減価償却は1110万ドルを計上している。

◎関連記事
米Juniperの2003年Q2決算,大幅な増収増益でEPSは3セント
米Juniper Networksが2002年Q4と通年の決算を発表,通年の売上高62%減の5億4650万ドル,1株当たり1セントの損失

発表資料へ