PR

 米Microsoftはスイスで現地時間10月13日に,モバイル向けWebサービスの推進に関する英Vodafoneとの提携を発表した。スイスのジュネーブで開催中の「ITU Telecom World 2003」で,Microsoft社会長兼チーフ・ソフトウエア・アーキテクト(CSA)のBill Gates氏と,Vodafone社グループ・ストラテジック・リレーションシップ担当ディレクタのIan Maxwell氏が,両社の構想について概要を語ったもの。

 両社は,Webサービスの標準規格をベースにしたパソコンとモバイル向けアプリケーションおよびサービスの融合を推進し,アプリケーション開発者やモバイル・ネットワーク運用者の事業拡大を支援する。

 両社が想定するモバイル向けWebサービスでは,XMLベースのアーキテクチャを利用し,多数の開発者がモバイル・ネットワーク・サービスを実装できるようにする。開発者は,メッセージング,位置検出,認証,決済といったモバイル・ネットワーク・サービスを自社のアプリケーションに統合することができる。「開発者にアプリケーションの提供を拡大する機会を与え,パソコンとモバイル環境下でシームレスに動作するソリューションの普及を図る」(両社)

 両社はまた,今後共同で取り組むモバイル向けWebサービス規格について,技術ロードマップの詳細を発表する予定である。

 「すでにアプリケーション構築の手法を再定義しているWebサービスを,モバイルの世界に拡大することは当然のステップだ。Microsoft社とVodafone社はコンピューティングとモバイル業界にまたがって協力体制を敷き,モバイル向けWebサービスの開発促進に注力する」(Microsoft社Servers and Tools部門上級バイス・プレジデントのEric Rudder氏)

◎関連記事
米マイクロソフト,モバイル・アプリ用フレームワーク「.NET Compact Framework」を発表
米SunがJava対応Webサービス開発用統合プラットフォームを発表。「3万6000ドル相当の製品を999ドルで」
「Webサービス向けソフトは米MS,IBM,Oracleが優勢」,米データクエストの調査
「.NET」と「Java」に二分されるWebサービスのプラットフォーム,来年はともに約60%の開発者が使用
米BEAと加RIMが“戦略的提携”,モバイル機器向けWebサービスのプラットフォームを提供
米IFSと米IBMが次世代モバイル業務ソリューションで提携,J2MEとWebサービスを活用
「Webサービスをモバイルへ広げる」と米サンが表明,各社にAPI提供へ
米サン,米オラクル,米HP,独シーメンスなどの標準化組織,Webサービス向けモバイル決済仕様を公開

[発表資料へ]