PR

 イスラエルのCheck Point Software Technologiesは,小規模企業向けにインターネット・セキュリティを提供する「Safe@Office」の新シリーズを現地時間10月14日に発表した。同製品は,企業のニーズに合わせて4構成を用意する。価格は299ドルから。あらかじめセキュリティ規則が設定されており,VPNとしての役割も果たす。

 同製品は,時間,コスト,リソースをあまり使わずにネットワークの安全性を確保したい小規模企業に適している。ネットワーク・ユーザーが3~75人の小規模ネットワークにおけるインターネット・セキュリティ要件に対応する。同社のセキュリティ・プラットフォーム「VPN-1/FireWall-1」と特許技術「Stateful Inspection」ファイヤウオールをベースとしている。

 新しいSafe@Officeアプライアンスは,ウイルス・プロテクション,Webフィルタリング,セキュリティ・アップデートといった複数のセキュリティ機能をオプションで提供する。あらかじめセキュリティ規則が設定してあり,一般的な設定エラーを回避しながら容易にインストレーションができる。

 また,VPN技術によりリモートからの安全なアクセスも可能になる。バックアップISPをサポートするため,メインのISP接続に障害が生じた場合にも接続に支障がない。オプションのセキュリティ・サービスとして,自動アップデート機能が提供されるため,新しい攻撃にシームレスに対応できるという。

◎関連記事
イスラエルのCheck Point,VPN/セキュリティ・アプライアンス「VPN-1 Edge」を発表
チェック・ポイント,ファイアウォールの新版を出荷へ
イスラエルのCheck Pointと米HPが提携,「iPAQ Pocket PC」でVPNソフト「VPN-1 SecureClient」を提供
チェック・ポイントの個人向けファイアウオールが注目を集める

発表資料へ