PR

 米Sun Microsystemsは,スイスのジュネーブで開催中の「ITU Telecom World 2003」で通信業界に向けたソリューションや製品を現地時間10月14日に発表した。「サービス・プロバイダや通信企業を支援し,新たなサービスや強化機能を顧客に提供するための時間と費用を削減できるようにする」(Sun社)

 今回発表した主な内容は以下の通り。

■サービス・プロバイダやキャリア向けのソリューション「iForce Solution For Telecommunications Service」。次の4要素からなる。
・新たなサービスの構築や,サード・パーティのサービスの安全な活用に向けた「Service Creation and Content Acquisition」
・カスタムな統合を簡素化し,顧客に柔軟な価格やバンドル構成を提供するための「Service Integration」
・卸売りモデルを提供するための「Service Management」
・サービス仲介,トランザクション監視,サービス保証,リソース配備のための「Service Delivery」

■モバイル事業者向け製品とプログラム。
・着信音,写真,オーディオ,ビデオなどの無線マルチメディア・コンテンツ配信を管理するサーバー「Sun Content Delivery Server」
・モバイル向けJavaアプリケーションとサービスの開発,管理,販売を支援するプログラム「Java Mobility Advantage Program」

■音声およびデータ・サービスの融合に向けたソリューション「iForce Solution for Enhanced Communications」。
従来の固定電話,IP電話,モバイル機器,パソコンを用いたWeb音声制御,リアルタイムのオンライン会議設定などを視野に入れる。米Lucent Technologiesの「AnyPath Messaging System」および「Enhanced Business Services (EBS) Multimedia Portal」と,Sun社のサーバー,ストレージ製品,ソフトウエアを組み合わせる。

 また同社は,Java対応モバイル機器の世界出荷台数が1億2000万台を超えたことや,Java開発者向けコミュニティ・サイト「java.net」の参加者が2万3000人を超えたことなどもあわせて発表した。

◎関連記事
米Sunが今後のJava技術計画を発表,「Java開発者の約1000万人達成を目指す」
米Sun,モバイル開発者向けプログラムなど,Java技術の取り組みを発表
「Jiniを採用する企業が増えている」,米Sunが導入例などを報告
米Sunと米Intel,Java仮想マシンの「XScale」向け最適化のため提携
米サンがJava対応モバイル機器向けテスト・スイート「Java Device Test Suite」を発表
米モトローラ,Java/Linux対応の多機能携帯電話機を発表
米IBMがハンドヘルド機器でLinuxとJavaを利用可能とする参照設計を発表
組み込み型システムの開発者のJava VM使用が急増,米Evans Data社
Javaを“知っているつもり”になっていませんか?

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]
[発表資料(3)]
[発表資料(4)]
[発表資料(5)]
[発表資料(6)]