PR

 米Apple Computerが米国時間10月15日に,2003会計年度第4四半期(2003年7~9月期)の決算を発表した。売上高は17億1500万ドルで,前年同期と比べて19%増加。純利益は4400万ドル(希薄化後の1株当たり利益は12セント)で,前年同期の純損失4500万ドル(希薄化後の1株当たり損失は13セント)から黒字転換を果たした。

 上記の数字には,税引き後の投資利益600万ドル,会計上の調整300万ドル,株式買い戻しに関する利益600万ドルなどが含まれる。これらを除いた場合,当期の純利益は,2900万ドル(希薄化後の1株当たり利益は8セント)となる。

 粗利率は26.6%で,前年同期の26.4%から0.2ポイント微増となった。当期売上高のうち,米国以外の事業による収入は38%を占めた。

 当期における「Macintosh」の出荷台数は78万7000台で,前年同期比7%増加。「iPod」の出荷台数は33万6000台で,同140%増加した。

 「我が社は当期に,新製品『Power Mac G5』をはじめ,『PowerBook』と『iPod』の新モデルをリリースした。また,『Mac OS X』の最新版『Panther』を今月リリースする。さらに,音楽関連のニュースを明日発表する予定だ」(Apple社CEOのSteve Jobs氏)

 Apple社CFOのFred Anderson氏は,「当期に売上高と利益の目標を上まわったことは大変喜ばしい。2004会計年度第1四半期は,売上高が約19億ドル,会計原則(GAAP)ベースの純利益は当期よりわずかに増加する見込みだ」と述べた。

 また,同社は2003会計年度通期の決算も発表した。売上高は62億1000万ドルで,純利益は6900万ドル。前年度の売上高は57億4000万ドル,純利益は6500万ドルだった。

◎関連記事
米Appleの4~6月期決算は大幅な減益,しかしアナリスト予測は上回る
米Dellの2003年5月~7月期決算は売上高98億ドル,純利益6億ドル,「過去最高の四半期」
米Apple,1.25GHzのPowerPC G4搭載のiMacとストレージ容量40GバイトのiPodを発表
米アップルがノート・パソコン「PowerBook G4」の新モデルを発表,1.25GHzの15インチ型など
米Appleが「Power Mac G5」の出荷を開始,先行予約数が10万件を越える
米Apple,「Panther」と「Panther Server」を米国時間10月24日に販売開始
米Gartnerが2003年通期の世界PC出荷台数を上方修正,「前年比8.9%増の1億6130万台の見込み」
「2003年Q2の世界PC出荷台数は前年同期比10%増,3年ぶりに2ケタの伸び」,米Gartner

[発表資料へ]