PR

 米Motorolaと米RealNetworksは,マルチメディア・プレーヤ「RealOne Player」を一部のMotorola社製携帯電話機に組み込むことで契約した。両社が米国時間10月22日に発表した。両社は,まずLinuxベースの携帯電話機に同プレーヤーを組み込む。

 モバイル版のRealOne Playerは,3GPPと3GPP2メディア形式,RealAudio,RealVideoに対応する。同製品を搭載したMotorola社製の携帯電話機は,2004年前半にリリースが予定される。

 両社は,大手モバイル通信事業者と協調して,モバイル・ユーザーにオンデマンドのストリーミング・オーディオとビデオ・コンテンツを提供する。また,Motorola社はHelloMotoを通じて, RealNetworks社のデスクトップ向けRealOne Playerやコンテンツ・サービス「RealOne RHAPSODY」「RealOne SuperPass」「RealOne GamePass」を提供する。ユーザーは, HelloMotoからゲーム,着信音,アプリケーション,コンテンツを携帯電話機にダウンロードできるようになる。

 Motorola社は,RealNetworks社のソース・コード公開の取り組み「Helix Community」に参加する。同社は,RealNetworks社が公開したHelixクライアント・ソース・コードの柔軟性を利用して,RealOne Player対応の携帯電話機を市場に投入する。

◎関連記事
米RealNetworks,SMILソース・コードをHelix Communityにリリース
米RealNetworks,コンテンツ有料配信用サービス「RealOne OpenPass」を発表
米RealNetworksの新たな有料音楽配信サービス,「1曲79セントでCD保存が可能」

発表資料へ